香焼炭鉱・香焼町関連

2009年12月07日

撮影:2009(H21).12.06

『消えゆく香焼炭鉱の遺産』

拙いこのブログのカテゴリトップにある、「香焼炭鉱・香焼町関連」。


私自身が香焼に住んでいたわけでも、親戚が居るわけでもない町。


遠い昔、父に連れられて行った記憶が、今でも鮮明に残る不思議な場所。


ただ、記憶の中にあるこの場所は、なぜか寒く、うす暗く、荒涼としている。

abo1


端島(軍艦島)が特に注目を浴びる今、近代化の日本、長崎を支えた香焼炭鉱を私は忘れない。


続きを読む

chibitaro0102 at 21:41コメント(6)トラックバック(0) 

2009年11月13日

『香焼で建造され、数奇な運命を辿った船』


3322b8a8.jpg


テレビ・新聞等で4代目南極観測船 新「しらせ」 が南極観測隊支援のため東京を出港したと報道されていました。

そこで今日は、長崎で建造された 初代南極観測船「宗谷」について、久しぶりに香焼町関連ネタとして記載します。

宗谷は1956(S31)年、わが国初の南極観測船として、南極観測を成功に導いた船として有名ですが、実はこの船が建造されたのは戦前の1938(S13)年、ソ連発注の耐氷型貨物船(船名=ボロチャエベツ)として、香焼にあった川南造船所で建造され進水しました。

しかし、事情(戦局に対峙する海軍の意向が強かったようです)により、ソ連への引渡は行われず、「地領丸(ちりょうまる)」の名で竣工し、その後、1940(S15)年に海軍に所属、特務艦(とくむかん)「宗谷」が誕生しました。

その後、奇跡的に太平洋戦争の戦火をくぐり抜け、大陸からの引揚げ船、灯台補給船の任務を遂行、南極観測船に大改造され6次に渡る南極観測隊として就役、さらに巡視船として活躍しました。

現在は東京・お台場「船の科学館」に静かに錨を下ろし、一般公開されています。


川南造船所本体は現在の三菱造船所敷地にあったのですが、倒産後解体されているので遺構が残っているかは不明です。

下の写真は香焼町にある「長崎総合科学大学発祥之地」記念碑です。川南造船所は昭和17年「川南高等造船学校」をこの地に創立し、技術者の養成にあたりました。造船学校はS36に長崎市網場町に移転し、現在は長崎総合科学大学となりました。
7ca201b2.jpg


また、川南工業が香焼の対岸深堀に造った「深堀造船所」は、林兼造船所・長栄造船所を経て、現在は「福岡造船長崎造船所」となっています。

廃墟マニアの間で有名な佐賀県伊万里に残る「浦崎造船所」の様子はこちら→内部リンク



「宗谷の歴史」

・1937年 ソ連が発注した耐氷型貨物船の三隻の1隻で「ポロチャエベツ」として、川南工業香焼造船所で起工。

・1938年 国際情勢悪化でソ連へ引き渡されず、民間貨物船「地領丸」として竣工。
      大連を基地に、天津、青島、上海など中国を回り、主に雑貨を運搬、函館を基地とし、
      カムチャツカ半島の島のカニ工場を結ぶ航路に就く。

・1939?1945年 海軍特務艦となり「宗谷」と改名。戦中は測量・輸送業務に従事。

・1945?1948年 在外邦人の引き揚げ船となる。3年間で19,000人を運ぶ。
          ひょっとして私の親父も「宗谷」に乗って帰国したかも・・・。
    
・1949?1955年 海上保安庁の灯台補給船となる。
          全国の有人灯台に燃料、生活物資等を運搬した。

・1956?1961年 南極観測船へ転用が決まり、6次に渡る南極観測業務に従事。 樺太犬、タロ・ジロの物語もこの時生まれる。
0f6a3bdc.jpg


・1962?1978年 海上保安庁の巡視船として、1978年10月まで北海道で活躍。


宗谷の古写真は、「日本海事科学振興財団編、海事科学知識の普及啓蒙活動、日本財団図書館」より許可を得て掲載。

「川南造船所」「宗谷」に興味のある方は日本財団のHPをご覧ください。詳しい情報と写真があります。→外部リンク


そろそろ、眠っている香焼ネタも出そうと思いますが、写真よりも下手な説明を書くのが億劫で・・・。ぼちぼち頑張ります。

at 06:43コメント(4)トラックバック(0) 

2009年04月06日

撮影日:2009(H21).03.15

はたして橋の向こうには何が隠されているのか!

魚見大橋については、2009年3月25日付「魚見大橋(町道本村安保線)」で紹介したところですが、本日は橋を渡り、さらに藪を突き進んだ先にあったものを報告します。

23165837.jpg


続きを読む

at 22:58コメント(8)トラックバック(0) 

2009年04月01日

撮影日:2009(H21).03.28

3つの試錐は揃った!

2009/02/15付、「香焼炭鉱・試錐(鉱床探査)跡」記事において、明治40年(1907)に三菱が行った3ヶ所の海岸試錐跡を探したところ、2ヶ所の試錐跡を見つけた!ということを書きました。

その後、長崎の風景、巨樹、石橋等々を詳しく紹介されている「みさき道人さん」が2009/3/14付ブログで、私が見つけることのできなかったもう一つの試錐も見つけ、紹介して下さっています。

http://blogs.yahoo.co.jp/misakimichi/archive/2009/3/14

そこで私も3つ目の試錐を確認してきました。

「みさき道人さん」ありがとうございました!

1058af47.jpg

続きを読む

at 01:05コメント(2)トラックバック(0) 

2009年03月30日

撮影日:2009(H21).03.28

咲いた・咲いた、チューリップの花が・・・♪

930b8ea2.jpg


明日、29日(日曜日)がチューリップ祭りなのですが、天気があまり良くないようので、一日早く出かけてみました。


それはそれは満開でした!

ここ最近、香焼行くたびにこの安保の花壇を見てきたのですが、これほど見事に咲くとは思ってもいませんでした。

訪れる人は口々に「うわぁ?、きれかねぇ?!!」と言っていました。

童謡「チューリップ」の詩のように、「どの花見てもきれいだな!」なのです。

続きを読む

at 23:50コメント(6)トラックバック(0) 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ