史跡

2018年02月28日

撮影日:2018(H30).02.17

『999段の階段を上って・・・』

琴平岳山頂(324m)には、琴平神社、草スキーや滑り台が楽しめる琴平スカイパーク、そしてハングライダーのフライトポイントがあります。

頂上からは多良連山の雄大な山並みをバックに、眼下に大村市内、海上空港「長崎空港」の浮かぶ大村湾、そして遠くには雲仙、西海橋方面までを一望でき、特に休日は多くの家族連れが訪れる場所となっています。

今回は頂上に続く999段の階段を上りました。
途中息切れし小休止、振り返っての景色です。桜の季節はより楽しめそうです。
kotohira1


終わりが見えない999段でしたが、15分程度頑張って頂上です。
頂上すぐに琴平神社があります。管理は行き届いています。
kotohira2


お参りを済ませ、社殿の周りを眺めると「オリンピック記念」と刻まれた石碑がありました。
中心の石には、不明瞭ですが昭和39年と刻まれているような・・・。
石碑背面には建立由来が刻まれた石板があったようですが、抜け落ちていました。
kotohira3


ちょうどこの時は、平昌オリンピックで羽生・宇野両選手がメダルを獲得した後だったので、オリンピック記念碑がより身近に感じられました。
どんな由来で建てられたものか気になりますね!


chibitaro0102 at 11:46コメント(3) 

2018年02月04日

撮影日:2018(H30).02.03

『神社九つの御利益がある長崎守をゲット!』
 
家でゴロゴロ過ごす日が続いていたので、年内実施されている「長崎九社スタンプラリー」に出かけました。
長崎市内九ヶ所の神社を参拝しスタンプ集めると、すべての神社名が刺繍された特別御守を授与(500円)してもらえるというものです。

resize0003


今回のルート設定は
「松森天満宮(上西山)」をスタートし、
「西山神社(西山本町)」
「金刀比羅神社(西山)」
せっかくなので金比羅山に登って
「山王神社(坂本)」
「八坂神社(鍛冶屋町)」
「若宮稲荷神社(伊良林)」
「松嶋稲荷神社(本河内)」
「水神神社(本河内)」
「伊勢宮(伊勢町)」
そして松森天満宮に戻ることにしました。

節分が過ぎれば立春です。松森天満宮の梅も開き始めていました。


続きを読む

chibitaro0102 at 22:56コメント(1) 

2017年10月17日

『人の優しさにふれた島旅 黒島』

蕨展望所の絶景を楽しんだ後、港を目指しトボトボ歩いていると軽トラのおじいさんに声をかけられました。

「今から港に戻るところです」と答えると、「女瀬ノ鼻に連れて行くから荷台に乗りなさい!」と・・・。

女瀬ノ鼻には串ノ浜岩脈という県指定天然記念物があるですが、海岸までの往復に時間がかかるようなので今回はパスするつもりでした。

浜に下りる車道からの景色。
大きな丸い網は、金子漁業が行っているマグロの養殖生け簀とのこと。
串ノ浜1


でっかいマグロが生け簀の中をグルグル泳いでいるのでしょうね。

写真はクリックすると大きくなります。

続きを読む

chibitaro0102 at 03:39コメント(1) 

2017年01月25日

『千年余の時間を肌で感じながら』

20日は「大寒」
寒波到来に鬼の顔も少し寒そう
富貴寺1


それでも来週末はもう「立春」
静寂の中、梅の紅が近づく春を予感させる
富貴寺2


薄明かりの中、阿弥陀如来様と向かい合う
寒さも感じず、千年余の時間に包まれる
富貴寺3


春は梅、夏の新緑、秋の紅葉、冬は雪
仏の里は日本の四季を堪能できる
富貴寺4


雪景色とまでは言えない風景ですが、阿弥陀堂内の張り詰めた空気感に身が引き締まる思いでした。

過去記事(富貴寺ライトアップ) → こちら

過去記事(国宝富貴寺) → こちら

chibitaro0102 at 17:46コメント(2)トラックバック(0) 

2016年06月21日

撮影日:2016(H28).06.18

『どこか柔らかな表情をした不動明王さまと童子さま』

高さ11.4m、国内でも最大級の磨崖仏と言われる不動明王を中心に、向かって左に制多迦童子(せいたかどうじ)、右に矜羯羅童子(こんがらどうじ)を配する普光寺(ふこうじ)磨崖仏、作成時期は鎌倉時代とのことです。
晋光寺1


また、晋光寺は紫陽花寺とも呼ばれ、紫陽花の咲く今は多くの人が訪れます。
約3000株の紫陽花が植えられているそうですが、他の紫陽花スポットと比較すると花のボリュームがやや小さい感じを受けます。
それでも巨大な磨崖仏と紫陽花のコラボレーションは、訪れた人の目を充分楽しませてくれるものがあります。
晋光寺3


中央の岩屋には多くの石仏が安置され、左壁面には磨崖仏と同じく左から制多迦童子、不動明王、矜羯羅童子、阿弥陀如来の像が刻まれています(大きさは1m弱)。
晋光寺2


体調不良を起こしやすい梅雨の時期。上手にたまった疲れやだるさを解消して元気に乗り切りましょう!


chibitaro0102 at 10:48コメント(0)トラックバック(0) 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ