消えゆくものと消えたもの

2014年02月09日

撮影日:2009(H21).12.06

『今は消えた「人造大理石研ぎ出し」、略して人研ぎ(じんとぎ)の流し台』

解体途中(2009年)の香焼炭鉱安保アパートの写真から、昭和の生活や炭住アパートの構造を覗いてみました。
安保AP1


今は戸建、アパート・マンションに関わらず殆どの家のシンク(流し台)はステンレス製です。
ステンレス製シンクの量産が始まったのは1955年(昭和30)年、今から60年前のことです。
翌年からステンレスのシンクは公団団地の指定商品となり、急速に全国へ広まっていきました。
安保アパートも昭和30年代に建てられらものですが、まだステンレスシンクの採用は間に合わなかったようです。
安保AP2


ステンレス製シンクが登場する以前は建築用語で「人造大理石研ぎ出し」、略して「人研ぎ(じんとぎ)」と呼ばれる流し台でした。
もちろん今のシステムキッチンと呼ばれるような、調理スペースや収納キャビネット、コンロが一体となったものが生まれる前のことです。
それでも安保アパートの人研ぎ流し台を見ると、浅型と深型のシンク、コンロ設置台、引き出し収納など使い勝手に配慮した造りになっています。
安保AP4


その後日本では、ステンレス製シンクの普及に伴いシステムキッチンが誕生し、シンクはその一部となります。
更に台所と食事をする居間が別々であったライフスタイルが、調理と食事や団欒するスペースを併せ持つダイニンキッチン(DK)、リビングダイニングキッチン(LDK)へと変わっていきます。現在、DK・LDKは間取りを表す規格として呼ばれるようになりました。

ブロック造り2F建ての安保アパート、よく見るとトイレも水洗化されており長崎市内より早く下水道が普及していたようです。
安保AP3


炭鉱は危険と隣り合わせの過酷な労働でしたが、暮らしの中には新しい技術が多数採り入れられていたようです。

今も学校や公園では人研ぎの手洗い場を見ることができますが、需要は減ってしまい人研ぎを施工できる左官職人が居なくなっているそうです。
機械が便利な物を大量に生産した結果、人の技術を淘汰していくのは残念な気もしますね。


chibitaro0102 at 23:07コメント(10)トラックバック(0) 

2013年03月25日

『長崎市民による洋館保存運動のきっかけとなった場所』

現在、この近くには長崎税務署や県警など公的建物があり、岸壁には保安庁の巡視船が係留される静かな場所になっていますが、1985(昭和60)年までは三菱高島炭鉱の事務所として建築された木造洋館「炭坑舎」がありました。
炭鉱舎3


炭坑舎は桟橋に繋がり、三菱造船所初の鉄製汽船「夕顔丸」が高島や端島(軍艦島)に多くの人や物資を運んだ時代もありました。
炭鉱舎2


木造洋館「炭坑舎」と三菱社船「夕顔丸」。
今この場所を訪れても、往事の賑わいを感じられるものは何一つないのですが、唯一、石碑がポツンと立っているのを見つけました。
炭鉱舎4


石碑には次のように記されていました。

史跡 三菱合資会社長崎支店跡 三菱マテリアル株式会社

この地は、三菱の創業者岩崎彌太郎が明治十四年三月三十一日、後藤象二郎の経営する後藤炭坑商局(通称「炭坑舎」)を譲り受け、以後、高島炭坑の石炭販売を主業務とする他三菱造船所の設立にも大切な役割を果たす等、三菱の内外の本拠地として礎を築き、三菱の発展に寄与したところである。明治三十四年五月頃には、木造洋館二階建での事務所に建替えられ、三菱合資会社長崎支店が営業を行なっていた。その後、石炭事業の独立に伴い、三菱鉱業(株)並びに三菱石炭鉱業(株)に継承されてきたが、昭和六十年一月、石炭事業の使命を終え、建物は解体された。以上の経緯を後世に伝承するため、これを建立する。

平成十三年三月吉日

炭坑舎が解体される際には、保存を求める市民運動がありました。
市民自らが街のあり方を考えるきっかけになったと言われています。

長崎の発展を築いた石炭産業、文化財としても価値があった「炭坑舎」。
解体後16年目にして、三菱が記念碑を建立しています。
本来であれば、市が当時の写真付きで建立し後世に伝えるべきものだと思うのですが・・・。
炭鉱舎1


昭和40年代のゼンリンの地図です。
炭坑舎には複数の会社が入っています。隣には「夕顔食堂」があります。
「宝焼酎工場」長崎で焼酎を造っていたの?って感じですね。
高島に住む子弟が市内の学校に通うための「高島学生寮」。
「空ビン置場」に「鉄材置場」。広い「貯炭場」
今よりずっと活気があったように感じますね。
炭鉱舎5


現在、長崎と高島を結ぶ船の名は「コバルトクイーン」。
街や港の風景は変わっても、できれば「夕顔丸」という名前は大切に受け継いで欲しかった。
音や言葉の響きだけでも、故郷を思い出すきっかけになると思うのです。
「夕顔丸」、長崎に似合いのとても優しい響きだと思いませんか・・・。

chibitaro0102 at 19:29コメント(9)トラックバック(0) 

2013年01月30日

『押し入れから42年前の写真まで引っ張り出してきた・・・。』

長崎市公会堂が解体され、跡地には市役所が新築移転するというニュースが流れていた。

かねてより公会堂は解体云々の話が上がっては消えしていたので、「やはり解体されるのか・・・。」そんな思いである。

公会堂の建築年は1962(昭和37)年6月。ちなみに私と同い年で、誕生から51年経過している。
設計者は長崎市出身で多くの優れた建築作品を残した、武基雄(元早稲田大学教授・2005年没)氏。
鉄筋コンクリート造の5階建て。内外装共にモダンな建物であり、優れた近代建築の一つとして「日本におけるDOCOMOMO150選(外部リンク)」にも指定され、国際的にも評価されている建物である。

長崎市公会堂2


建築学的な価値は言うまでもないが、公会堂は長崎国際文化センター建設事業の一つとして建てられたものである。
簡単に言えば、原爆によって打ちひしがれた長崎の復興事業のシンボルとして建てられた、ということも忘れてはならない。

続きを読む

chibitaro0102 at 22:27コメント(6)トラックバック(0) 

2012年01月19日

撮影日:2009(H21).12.30

『たくさんの思い出に感謝!!』

アイススケート、ボーリング、バッティングセンター、プール・・・。

長崎市民に親しまれたスポーツレジャー施設「長崎スポーツセンター」、9日が最後の営業だったことを知りました。
resize0240



スポーツセンターと言えばやはりアイススケート。ウインタースポーツとは縁遠い長崎で、唯一スケートを体験できる場所でした。
小学生の頃、同級生みんなで行ったこと、満州育ちの親父がスピード用の靴で颯爽と滑っていたこと、いろんな思い出がある場所でした。
resize0238



施設の老朽化、娯楽の多様化。経営を続けるにはあまりにも厳しい現実があったことでしょう。
resize0239


長崎からまた一つ思い出の場所が消える事は寂いしい限りですが、45年間いろんな思い出を与えてくれたことに感謝の気持ちを伝えたいです。

今日の写真は、スケートリンクの閉鎖が伝えられた3年前に撮っていたものを載せました。




chibitaro0102 at 01:00コメント(4)トラックバック(0) 

2011年04月12日

『朝夕8時、港から聞こえるフェリーの汽笛』

撮影日:2011(H23).03

「フェリー福江」は九州商船が長崎五島間で運行するカーフェリーです。
竣工は1978(昭和53)年12月9日、船齢32年。
resize0413


五島への所要時間は3時間半、ジェットフォイルの1時間半と比べればそれはそれはのんびりした船旅を満喫できます。
resize0414


甲板で五島灘を眺めながら潮風を受けるも良し、船内でごろ寝もまた良し、見ず知らずの人達と盛り上がるのもまた楽し・・・。


船体に浮き出た錆が32年の労を感じさせてくれます。
大きく描かれた五島つばきは、拡大写真のプリント転写のようです。
resize0415


五島を離れる人、帰る人、仕事や遊びで乗船した人、多くの人達と様々な思い出を運んだ32年が終わります。
resize0416


4月17日(日)からは、新船「フェリー万葉」が就航します。
速度が少しアップし、運賃も現在より2割安くなるそうです。

「フェリー福江」32年間、本当にお疲れ様でした!



chibitaro0102 at 23:40コメント(12)トラックバック(0) 
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ