消えゆくものと消えたもの

2022年09月26日 12:00

撮影日・2022(R4).09.22

『109年ぶり、二度目の駅名改称』


A89A5869


前回、「特急かもめラストラン」の画像を撮影した「肥前山口駅」ですが、この「肥前山口駅」も新幹線開業日に合わせ駅名を「江北駅」と改称しました。
A89A5822


感謝のコメント、駅名を残して欲しかったというコメント、いろいろな思いが綴られていました。
A89A5823


肥前山口駅の所在地は、佐賀県杵島郡江北町大字山口。
駅の誕生は1895年、当時、山口村にあったので山口駅と命名。
1913年に山口線の山口駅(山口県)が開業したため、駅名の重複を避け肥前山口駅に改称。
山口村は1932年に江北村となり、1952年に江北町に昇格。その間、肥前山口駅は江北町の玄関口としての役割を果たしてきました。
A89A5950


2022年、江北町が町制施行70周年を迎えるにあたり駅名の変更を要望。
JRの了承を得て、新幹線開業とタイミングを合わせ9月23日に駅名を「江北駅」に変更することになりました。
A89A5995


肥前山口駅は鉄道ファンの間で特急列車の分割・併合駅として有名でした。
今は消えた寝台特急「さくら」や「あかつき」の分割・併合駅。今回、ラストランとなった長崎・佐世保線の特急「かもめ」、「みどり」も博多~肥前山口間は併結運転で走っていました。
子供の頃は、なぜいつも肥前山口駅で長く停車するんだろう?って思ってましたけどね。
A89A5890


また、鉄道ファンからは稚内から始まる最長片道きっぷの終着駅としても肥前山口駅は知られてきました。
私はいまだに一筆書きのルートや乗車券の購入方法など、上手く説明できませんが・・・。
A89A5958


長崎本線には「肥前」を冠した駅名が、山口、白石、竜王、鹿島、浜、七浦、飯田、大浦、長田、古賀と10駅ありましたが、その起点と言うべき「肥前山口駅」が今回なくなります。
長崎本線最後の営業電車が肥前山口到着。
A89A5938


24時を過ぎ、一斉に「肥前山口」の看板付け替え作業が開始されました。
A89A5968


構内の行先板、ホームの乗車位置案内まで、スムーズに作業は進みます。
A89A5983


100年を超える歴史ある駅名の付け替えが無事終了しました。
「肥前山口駅」から「江北駅」、静かにバトンタッチです。
A89A5992


江北町は今回の駅名改称により「江北」の知名度アップ、駅周辺の活性化や町勢浮揚を図りたいとのことです。
江北駅が町民や旅人にとって、新たな希望の出発点になることを期待し、見守っていきたいと思います。

A89A5821 (2)


長い間おつかれさまでした!肥前山口駅


2022年09月25日 12:23

撮影日:2022(R4).09.22

『在来線 特別急行列車かもめ ラストラン』

西九州新幹線の23日に開業に合わせ、1976年から博多―長崎をつないできた在来線特急「かもめ」が22日ラストランとなりました。
23日からは、西九州新幹線との乗り換え特急「リレーかもめ」として運行を開始。
特急かもめとして活躍してきた885系や787系は、リレーかもめや、博多―肥前鹿島間の新たな特急「かささぎ」などとして引き続き活用されます。
ラストランの姿を肥前山口駅から見送りました。

長崎発博多行、博多発長崎行の「かもめ」最終列車が表示されています。
A89A5824


駅名が「肥前山口駅」から「江北駅」に変わることもあり、ホームではラストラン出発式が催されています。
A89A5833


大勢の方が最終列車の到着を待っています。
A89A5832


特急かもめ48号 22時55分発博多行 2番のりば
最終博多行は「黒いかもめ」でした。
A89A5846


長崎駅での出発式の影響でしょうか、6分ほど遅れて発車しました。
ご苦労様でした!
A89A5849


特急かもめ45号 22時57分発長崎行 4番のりば
ちびっ子も「ほら!きたよ!」と指差してますね!
A89A5853


最終長崎行は「白いかもめ」です。
A89A5857


長崎行も10分ほど遅れて、23時7分頃に発車。
乗客も大勢でした、お互いに手を振って「さようなら」。
最後は拍手に包まれたホームでした。
A89A5865


23時19分、回送列車白いかもめの到着。
A89A5874


明日からは新しい役割でまた頑張ってくださいね。
A89A5879


特急みどり31号 23時24分発佐世保行 3番のりば
数分遅れて発車。名前は「みどり」でも車両は「かもめ」ですよね。
A89A5886


長崎で身近な特急列車と言えば「かもめ」でしたね。
仕事でもプライベートでも利用することが多かったかもめ。車窓から有明海や佐賀平野を眺めながらの行程は楽しかったです。
また、リレーかもめとして活躍することを願っています。
長きにわたりお疲れ様でした。



続きを読む

2022年09月22日 12:00

撮影日:2022(R4).09.11

『今日で在来線の特急かもめが無くなります』

西九州新幹線の開業に合わせ、長崎駅発の在来線特急かもめは22日で廃止されます。
新幹線にあまり関心が無かったとは言え、こないだまで在来線のかもめでも博多へ行けると思っていた私です。

さて先日、長崎に行く用事があったので新長崎駅を初めて覗いてきました。
西口(愛称・いなさ口)には出島メッセ長崎、ヒルトン長崎など、新しい建物が出来上がりとてもしゃれた感じになっていました!
s-DSC08853


駅ビルのショーウインドウには歴代かもめの写真が紹介されていました。
DSC08851


「かもめ」も歴史がある花形列車だったことが分かります。
DSC08719 (2)


駅構内は新幹線かもめのPRが目立ちます。
s-DSC08744


東口(愛称・かもめ口)はまだまだ開発中。
どうなるのか想像もできません。
s-DSC08761


新幹線改札口、写真を撮る方が多かったです。
s-DSC08782


在来線の改札口、入場券を買ってホームへ。
エスカレーターで2Fへ。
s-DSC08784


発車待ちの白いカモメ、長い間ご苦労様でした。
左上が新幹線ホームです。
s-DSC08825


見慣れた特急かもめの案内表示も22日で終了。
DSC08847 (2)


在来線入線。地上駅時代と比べると何もない感じ。
s-DSC08814


右が新幹線、発車するとすぐトンネル。
今のかもめのように車窓を楽しむことなく武雄へGO!
s-DSC08819


終着駅なので車輪止め。
ホームから港が見えます。
s-DSC08831


長崎県広報大使の長濱ねるさんが待ってます!
s-DSC08850


テレビもネットも新幹線関連の話題であふれています。
明日はどこに出かけても人だかりでしょうね。

2021年12月13日 12:00

撮影日:2021(R3).12.05
撮影日:2012(H24).05.19

『橘湾に敵艦見ゆ』

80年前の12月8日は、太平洋戦争の契機となったハワイ真珠湾攻撃があった日でした。
ニュースやテレビ番組で当時の証言や映像をご覧になられた方も多かったのではないでしょうか。
さて、今回は久しぶりに戦争遺構の話、長崎市太田尾町に残る「枇杷崎射堡(しゃほ)基地」について報告します。

まず、「射堡」とは、海上の敵艦に対し陸上に格納している魚雷を発射し攻撃する施設のことです。
魚雷を海岸線の崖などをくり貫いた壕に格納し、指揮所からの命により海面へ敷設したレールで運搬し、圧縮空気によって発射するとされています。
射堡は戦況の悪化に伴い計画された「震洋」、「蛟竜」、「海龍」などの特攻作戦と同様に配置されたようです。
戦史には「〇〇射堡隊」といった部隊が存在するので、それ相応の設備や兵員が配置されていたようですが、詳細な調査報告がなく「射堡」についてはよく分からないのが現状です。

枇杷崎射堡


「枇杷崎射堡基地」と言われる魚雷格納庫(壕)等は、上の写真の赤部分に存在します。
子供の頃から磯遊びや魚釣りで太田尾を訪れるたびに、海岸に残るコンクリートや台座と配管、崖に掘られた穴がずっと気になっていましたが、近年のネット情報によりこれが「射堡」であることを知ることができました。

それでは、現在と過去撮った写真で「枇杷崎射堡基地」を見ていきたいと思います。

堤防先端から海岸に下りるとコンクリートで固めた歩道のような部分があります。
ここには後ほど出てくる圧縮空気の配管が埋設されているものと考えられます。
PC054650


振り返るとこのような感じです。子供の頃から変わりません。
藪の中には関連する設備や建物の痕跡は何もありません。
PC054652


崖の先端を取り巻くように続いています。歩く際には便利です。
PC054653


裏側の海岸に出ました。土地は崖側は平ら、海面側は下がっています。
昔は崖側にコンクリート台座と配管がありましたが・・・。
PC054659


さらに枇杷崎に向かって進みます。どこにでもある海岸です。
PC054662


よく観察すると崩れたコンクリートの塊が転がっています。
PC054664


これは四角い原型を留めている台座。
PC054667


さらに進むと崖にある壕が見えてきます。
PC054668


中は広くゴミも投棄されていません。大きな崩落も無く、奥行きは20m近くあります。
PC054670


入口や内部をコンクリートで固めたような跡は、はっきりと確認できません。
PC054677


ネットや資料によると壕は5つと記されていますが、4つは確認しました。
ほぼ等間隔で並んでいます。
PC054689_LI


ここからは過去(2012年)撮った写真です。
壕の状態は今とほとんど変わりませんが、撮影時には人為的にリュウゼツランや花が植えてあります。
誰かが隠れ家として使っているような感じでした。
IMG_2583


壕の海面側に大きなコンクリートの塊がありましたが、現在は確認できません。
IMG_2591


今はないコンクリート台座と配管がひと昔前にはありました。。
IMG_2601


子供心にも一体何だろうと思わせる興味津々の残骸でした。
IMG_2602


1948年の航空写真(国土地理院航空写真より引用)。
海に突き出る桟橋のようなものが4本確認できます。
何らかの軍事設備があったことは間違いないようです。
太田尾射堡 1948米軍


今は穏やかな風景が広がる太田尾地区ですが、80年前は敵との本土決戦に向けた設備が造られ、日夜訓練が行われていたことなど想像もできませんね。
長崎は戦争遺構の調査研究・報告が少ないような気がします。何とか当時の状況を記録し、平和への願いを込め後世に伝えて欲しいと願います。
IMG01109_HDR


今日は、子供の頃からずっと気になっている「枇杷崎射堡基地」のお話でした。

参考資料
「こどもと歩く戦争遺跡Ⅲ・熊本の戦争遺跡研究会編」図書
「みさき道人 "長崎・佐賀・天草etc.風来紀行"」HP

IMG01160


IMG01161




2021年07月02日 01:28

『同じ時代を過ごしたものがまた記憶の中へ』

約半世紀にわたって長崎佐世保間を走り抜けた「シーサイドライナー 車輌型式(キハ 66・67形)」、老朽化のため惜しまれつつ6月30日が最後の運行となりました。

(2012年12月・長崎駅全景、まだ転車台がありますね)
s-DSC01200


ブルーの車体に赤い扉、白文字で大きく「SEA SIDE RINER」
オレンジと白の車体に黒文字で「HUIS TEN BOSCH」
クリーム色と赤の国鉄カラー

皆さんはどの車両が好きでしたか?

本日は、撮り鉄ではない私がちょこちょこJRを利用した際に撮っていたキハの写真から、厳選(そう大そうな写真ではありませんけど)したものを掲載します。
※すべて長崎駅が地上駅時代の写真です。年代は順不同。画像はクリックすると拡大できます!

続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ