日常

2023年01月04日 12:30

撮影日:2023(R5).01.04

『仕事始めはコロナの陰性確認から・・・』

全国的に第8波に突入している新型コロナウイルス感染症。
年末から年明けが第8波のピークと言われている中で迎えた令和5年の仕事始め。
報道されている以上に病院や福祉施設でのクラスター感染は発生している。
職員が感染、または職員の家族が感染し濃厚接触者扱いとなり職場を離脱する数が増えている。
今年の仕事始めは、自らコロナの陰性確認を自宅で行い出勤することだった。

DSC09966


コロナウイルス感染を確認する検査はPCR検査と抗原検査がある。
両者の違いは大雑把に言うと検出精度・感度の違いである。
PCR検査はウイルス量の少ない検体からでもDNAを検出することができるが、抗原検査は発症早期のウイルス量の少ない時に検査を行うと正しく検出できない可能性がある。
私の職場では年末年始に普段生活を共にしている者以外と接触がある職員、特に会食を伴う接触がある場合はPCR検査、それ以外の者は抗原検査を実施することとなった。

結果、私の抗原検査は陰性。
ただし、同じ部署でPCR検査対象の職員が陽性判定(無症状)だった。
ちっちゃな検査キットで、リトマス試験紙を眺めるような気分で判明する怖いウイルス。
感染を職場に持ち込まない、綱渡りのような毎日が今年も続くに違いない。









2023年01月02日 17:32

撮影日:2022(R5).01.02

『神社スタンプラリー』

元日、長崎市の諏訪神社、松森天満宮、伊勢宮天満宮の三社参りの際、諏訪神社の授与所にて長崎三社参りのスタンプ台紙が目に留まりました。
このスタンプ台紙に記載されている三社は諏訪神社(長崎市)、大村神社(大村市)、昊天宮(大村市)です。
三つ集めると各神社先着200名に記念品が授与されるとのことだったので、大村の自宅から新年の散歩も兼ねて参拝し、昊天宮より記念品を頂きました。

s-DSC09961


干支杯は三社共通で、その他の記念品は各神社で異なるものと思います。
スタンプラリーの期間は節分まで、記念品も無くなり次第終了ですので気になる方は早めのチャレンジがよいかと。
2023年長崎11社スタンプラリーも継続して実施されているので、今年はまた挑戦しようかと思っています。


撮影日:2023(R5).01.01

『今年もよろしくお願いいたします。』

新年おめでとうございます。
健康で新年を迎えることができ、今年も三社参りができました。
終わりが見えないコロナ禍、密を避けて深夜の参拝です。

「松森天満宮」
DSC09896 (2)


「諏訪神社」
DSC09926 (2)


「伊勢宮天満宮」
DSC09952 (2)


いつも閲覧頂きます皆様に感謝申し上げます。
記事の更新が滞っていますが、今年もマイペースで継続したいと思っています。


2022年11月09日 21:48

撮影日:2022(R4).11.08

『 見上げてごらん夜の星を歌いながら眺めた夜空』

2022年11月8日、「実に442年ぶりに皆既月食中に惑星食が日本で観測できる」とメディアが伝えていました。
月が地球の影に完全に隠され、赤黒く変色した満月が見られる現象が「皆既月食」、さらに月食の最中に月が惑星を隠してしまうことを「惑星食」と呼ぶそうです。
今回隠れる惑星は「天王星」なので、「天王星食」とも呼ばれています。
IMG_4521 (2)


月が真っ暗にならず赤銅色になるのは、地球の縁で屈折した太陽光のうち、赤い光だけが月に届くためだそうです。
IMG_4538 (2)


仕事を終え帰宅。
急ぎベランダにカメラをセットするも足元が堅牢でないため、画像のブレがひどい。また、ブログの画像は拡大加工しているので画質が粗い。どうかこの点はお許し下さい。
IMG_4548 (3)


「実に442年ぶり・・・」442年前は1580年代。安土桃山時代ですか!
イギリス商船平戸に来航、天正遣欧少年使節が出発、本能寺の変、豊臣秀吉天下統一、そんな出来事があった時代です。
当時、皆既月食には驚いたかも知れないけれど、惑星食なんて誰も知らんでしょうね!?
IMG_4561 (2)


この頃が食の最大みたいですね。月全体が赤黒くなりました。
IMG_4564 (2)


学生の頃、惑星を「すい(水星)・きん(金星)・ち(地球)・か(火星)・もく(木星)・ど(土星)・てん(天王星)・かい(海王星)・めい(冥王星)」と暗記しました。
何か役に立ったかと聞かれれば・・・。今日の「天王星食」に役立ちました!
IMG_4568 (2)


間もなく月の中に天王星が潜入します!
IMG_4571 (2)


天王星が消えました。再出現は21時17分(福岡地区)だったようです。
IMG_4572 (2)


皆既食が終わり、部分食に。21時40分頃に元の満月に戻ります。
IMG_4586 (2)


日本で次に皆既月食と惑星食を同時に見ることができるのは332年後、2344年7月26日の「土星食」だという事です。
科学なのか物理なのか良く分かりませんが、そんな先の事がよく計算できるものですね。
332年後の未来や地球がどうなっているのか想像もできませんが、宇宙はもっと身近になっていることでしょう。

見上げてごらん夜の星を 小さな星の小さな光が ささやかな幸せを うたってる♬



2022年09月26日 20:00

撮影日:2022(R4).09.24

『ちょっと残念に感じたこと・・・。』

夜、新大村駅と周辺を散歩してきました。
駅舎、駅構内、駅前公園、隣接する在来駅、ロータリーなど・・・すばらしい駅が出来上がっていることにびっくりしました!
ただ、個人的に残念に感じた部分がありました。

東口(さくら口)です。
紫のモニュメントは大村市の市章です。輪っかの中に入って手足を大の字に広げると市章の完成です。
A89A6105


西口(さざなみ口)です。
こちらには在来線ホームや立体駐車場が整備されています。
A89A6011


個人的に残念に感じた部分は、新大村駅の駅名表示が電飾で無かったことです。
暗い中遠くから見ると「新大村駅 SIN-OMURA STATION」の表示が見えません。
市章のモニュメントは紫、青、オレンジ色に変化する凝った作りになっていますが、肝心の駅名が分からないのはどうなんでしょうか?スイッチの入れ忘れではないと思いますが・・・。
立体駐車場の「P」はライトを当てているのに・・・。

夜は見学者、乗降者も少ないのでゆっくり散策でき、入場券を買ってホームに上がればかもめを間近に見ることができるのでお勧めです!


最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ