動物・植物

2019年04月16日 05:46

撮影日:2019(H31).04.13

『漢字の意味するところが気になる日々』

御衣黄(ギョイコウ)は桜の栽培品種。
染井吉野(ソメイヨシノ)に遅れて開花する御衣黄。
花弁数は10から15程度の八重咲き。花弁は肉厚で外側に反り返る。色は白色から淡緑色。
御衣黄桜1


開花時には目立たないが中心部に紅色の条線があり、次第に中心部から赤みが増し散る頃にはかなり赤くなる。
「御衣黄」という名前は江戸時代中期から見られ、その由来は天皇・貴人の衣服の萌黄色に近いため。(Wikipediaより抜粋)
御衣黄桜2


元号が間もなく「平成」から「令和」へと変わりますね。
「令和」の典拠が万葉集であるとか、日頃気にもしない古典が話題になったりもします。
「御衣黄」。何とも日本的な言葉使いが、いつにも増して気になりました。

横竹ダム周辺には約300本の御衣黄桜が植栽されています。
花が緑色なので、葉桜と見間違えて通り過ぎないよう注意して下さいね。



2018年04月18日 08:44

撮影日:2018(H30).04.15

『インスタ映えする景色を求めて』

雨が上がったので出かけてみました。
過去記事を確認したところ、前回訪れたのは4年前でした。

ツツジは5分咲きということでしたが、遠目には満開のように見えます。
resize0020


毎年この時期しか見ることができない景色です。
resize0021


昔は知る人ぞ知る場所でしたが、今は観光バスで訪れる方もあるようです。
「インスタ映え」なんて言葉もありませんでしたね。
今週が一番の見どころでしょう。
カーナビ、SNSが道迷いもない時代にしてくれました。

2017年11月13日 21:23

撮影日:2017(H29).11.12

『青空、真っ赤なケイトウ、山吹色のひまわり ただ今見ごろ!』

秋のひまわりが満開です。
縁取る真っ赤なケイトウが、ヒマワリをより一層引き立てます。
2017山田ひまわり園1


15年前、この近くの職場に勤務していたことが、ついこないだのような気がします。
その頃はまだひまわり園はなかったと記憶しています。
2017山田ひまわり園2


家族連れ、友人同士、カップル、大勢の人で賑わっていました。
結婚写真の前撮りも行われていました。

近くの綾部神社にも参拝し、神社前の橋本屋で名物のぼたもちを買って帰りました。


2017年10月23日 11:25

『また台風かい! 』

久住への紅葉登山は台風のため順延。
先月の計画も台風で順延。
今年の山登りは台風に振り回されてばかり。

幸いにも長崎は台風の影響も殆どなし。
うらめしい空を眺めながら、コスモスでも撮ってみた。

曇天にコスモス
コスモス2


ボケの写真も楽しんだり。
コスモス1


久住のリベンジは11月に。
もう台風はこんやろう!



2017年07月21日 03:58

撮影日:2017(H29).07.17

『超望遠レンズ対標準レンズ』

早朝のハス園はカメラマンで賑わっています。
ほとんどの方が巨大な望遠レンズで花を狙っています。

今日の私は標準レンズ。

唐比2017


風景写真の構図を探して、園内を歩き回ります。
泥濘に足がはまったりしますが、それもまた楽しかったり・・・。

水面に映るハスの花、歩き回った甲斐があったと自己満足。
画像をクリックして、大きな写真でどーぞ!


最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ