近代化遺産・産業遺産

2018年09月10日

撮影日:2018(H30).09.09

『干潮の時に現れる近代土木遺産』

若津港は江戸時代に久留米藩により築かれ、米や麦、大分・日田からの木材積出港として栄えた。
筑後川は河口に近づくと幅が広く、流れがゆったりとなる。さらに有明海の干満の差は約6メートルと大きい。
このような条件から川底には土砂が堆積しやすくなり、船の出入りを妨げることとなる。
resize0131


明治期になり船が大型化すると堆積物の問題がより大きくなった。そこで当時の政府(内務省)は灌漑・干拓の土木技術に優れたオランダより技術者ヨハネス・デ・レーケを招聘、解決策として導流堤の建設を決定した。
導流堤の構造を簡単に言うと、川の中央部に石組みの堤防を築くことにより川を分割、川幅を狭めることにより流れを速め土砂を押し流そうとするものである。resize0130


遠く雲仙岳を望む6.5キロにわたる美しい石組みの堤防は、明治23年(1890年)に完成、「若津港導流堤」または「デ・レーケ導流堤」と呼ばれ市民に親しまれる近代土木遺産である。
明治30年代には多くの貨客船が神戸大阪航路、東京航路、鹿児島航路に就航する有明海経済圏の最盛期を迎えた。
resize0132


現在、若津港に大型船の姿はないが、有明海で漁を行う船がひっきりなしに行き来するのを見ることができる。
船はすべて川の東側を航行している。築100年を経過した現在もその役割を果たし、東側は水深が深く、西側は土砂が堆積していることを大潮の日ははっきりと確認することができた。


chibitaro0102 at 22:47コメント(2) 

2017年06月24日

撮影日:2017(H29).03.25

『堰堤の左右・中央、表情の異なる石積が生み出す水の流れ』

3月までの4年間、あっという間の別府暮らしでした。
もう25年も転勤生活をしていますが、大分は暮らしやすく、楽しく、興味を抱くものが沢山あった場所でした。
そんな大分で3度も訪れたのが、「白水溜池堰堤」です。
白水堰堤溜池2


今回の異動が決まった際、白水堰堤は必ず再訪しようと思い3月25日に訪れました。
白水溜池は農業用水の安定確保を目的に造られ、水面は周りの山々や、雲を映し出し鏡のようです。
白水堰堤溜池1


右岸は武者返しのような石積みで水流が抑制されます。
白水延滞溜池4


左岸は階段状の造りを下りていきます。
転波と呼ばれる水流模様、ゴォーっと響く水音。
白水堰堤溜池3


白水堰堤の近くには入り組んだ水路や円形分水、水路橋などがあり、灌漑にかけた先人の知恵と苦労を学ぶことができます。

個人的には、次倉側から白水堰堤を訪れ、堰堤上部から全体を見渡せるアクセスを選んだ方が良いと思いますよ。

今日の写真はクリックすると大きくなります、転波を見て下さいね!

白水堰堤 → 1回目訪問(クリック)
白水堰堤 → 2回目訪問(クリック)


chibitaro0102 at 09:29コメント(2)トラックバック(0) 

2017年03月08日

撮影日:2013(H25).04.07

『塔博士 内藤多仲が手掛けたタワー6兄弟の三男坊』

別府タワーは塔博士、耐震構造の父と呼ばれる内藤多仲(ないとうたちゅう)早大名誉教授の設計により、1957年(昭和32年)5月10日に完成した。高さは90m。

別府タワー1


内藤多仲氏が手掛けた名古屋テレビ塔(1954年)・大阪通天閣(1956年)・別府タワー(1957年)・さっぽろテレビ塔(1957年)・東京タワー(1958年)・博多ポートタワー(1964年)は、タワー6兄弟と呼ばれている。

続きを読む

chibitaro0102 at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月07日

撮影日:2013(H25).04.07

『郷に入れば郷に従え。好奇心があればより楽し!』

先日お伝えしたように、4年にわたる私の別府生活は今月末をもって終了。
まだ紹介できていない大分の記事を急ぎアップしようと思います。
説明不足な点も多いと思いますが、何とぞご容赦願います。

楠港(別府港)に船で着いた観光客が、雨に濡れずに「竹瓦温泉」に行けるようにと考えて作られた、わが国最初の木造ガラス張りアーケードです。

竹瓦アーケード


完成は1921年(大正10年)、現存する日本最古のアーケードと言われています。
多くの商店が建ち並び、身動きできないほど人が溢れたこの通りも時代の流れには逆らえず、今は静かに当時の姿をとどめています。
現在、歴史的価値のあるこのアーケードを保存、活用する運動が行われています。

続きを読む

chibitaro0102 at 21:00コメント(1)トラックバック(0) 

2016年09月30日

『日本遺産って何だっけ?』

今年の夏は仕事が何かと忙しく、帰宅してはエアコンのない部屋で蒸されぐったり・・・。
ブログの更新は夏期休養とさせていただきました。訪問いただいた皆様、申し訳ありませんでした。
やっと季節が変わり、心身ともに落ち着いたので2ヶ月ぶりに更新します。

では、前回の記事「この建物はなんでしょう?」の回答から・・・。
答えは高さ136mの3つの塔が、300m間隔の正三角形に配置されている「佐世保無線電信所(針尾送信所)」です。
簡単でしたね!
(油庫と3号塔・油庫はガイドの方の詰所、見学の受付として活用されています)
針尾送信所8


いざ見学できる3号塔へ。
針尾送信所1


佐世保無線電信所は、旧日本海軍が最新の鉄筋コンクリート技術と、巨費を投じ建設した長波通信施設です。
完成は1922(大正11)年。着工から4年の歳月を要しました。
長波無線塔は1920年前後の短い期間に集中して造られましたが、現在は殆どが解体撤去されており、この佐世保無線電信所は局舎と無線塔が現存する国内唯一の施設になっています。

続きを読む

chibitaro0102 at 17:22コメント(1)トラックバック(0) 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ