2020年11月15日 22:48

撮影日:2020(R2).11.15

『森の主に会いに行く』

黒木の大モミ
ルートの案内板はあるのだが、所々で道迷い。
s-DSC03952


根元にある長崎森林管理署の説明板には、幹周り(胸高)563cm、樹高39m、樹齢(推定)230年とある。
林野庁が選定した「森の巨人たち100選」にある日光の「太郎モミ」を上回る巨木。
s-DSC04044


過去、あまりの巨木ゆえ伐採を免れたモミの木。

s-DSC04021


寄りかかり、触れ、抱きついたりして、パワーをもらいました。

2020年11月14日 23:30

撮影日:2020(R2).11.04

『コロナ禍での楽しみ方』

黒木から金泉寺、国見岳、多良岳、前岳を歩きました。
もちろん密を避けてソロ登山です。

s-DSC03516


途中ですれ違った方もソロで歩かれている方ばかりでした。

s-DSC03540


金泉寺からは仏さまが大勢いらっしゃるので、健康とコロナの収束をお願いしました。

s-DSC03556


そこそこ紅葉も楽しむことができました。

s-DSC03624


遠く県外に行けないので、近場の黒木から多良山系を歩こうと思います。

s-DSC03650


久しぶりに山頂で食べたラーメンは美味しかったです。

s-DSC03658


次回はどのコースを歩きましょうか!

s-DSC03697


2020年08月25日 00:00

撮影日:2016(H28).08.20

『メダル獲得を山頂で聴いた4年前』

四年前の2016年8月20日、登山道に咲くワレモコウやマツムシソウを眺めながら、のんびり瀬の本登山口から扇ヶ鼻まで歩きました。
s-P8203185


扇ヶ鼻山頂では、ラジオから流れるリオ五輪男子リレーの実況中継に歓喜したことを覚えています。
山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥のオーダーで臨んだ日本チームは、37秒60のタイムで見事銀メダルを獲得。世界を驚かせる快挙でした。
s-P8203214


下山時は岩井川岳の平坦な山頂でのんびり昼寝。
s-P8203236


勤務地が別府だったこともあり、休日は九重の山登りばかりしていた頃でした。
2020年東京オリンピックだったことすら忘れかけているこの頃です。
来年の今頃は「新しい生活様式」の中で、どんな時間を過ごしているのでしょうかねぇ・・・。






2020年08月23日 13:50

撮影日:2020(R2).08.13

『大汗かいたけど山頂は気分爽快!』

8月13日、天気が良かったので九千部岳に登りました。
昨年10月に足を痛めてから久しぶりの山歩きです。

田代原トレイルセンターに駐車し、時計回りで周回してきます。
IMG00930_HDR


上り2時間、山頂休憩1時間、下り1時間30分、合計4時間
歩行距離5.3km。標高差497m。
水分2.5リットルは摂取しました。
続きを読む

2018年11月28日 10:31

撮影日:2018(H30).11.24

『初めて登った長崎市の最高峰』


天気予報が「放射冷却が強まり明日の朝は冷え込むでしょう」と言ってました。
放射冷却が強まるということは、地球の熱が放出される際、大気中に風がなく遮る雲もないこと。つまり天気は快晴が期待できるということです。

と言うことで、今回は八郎岳に登ってきました。
八郎岳は長崎市の最高峰で589m、九州百名山のひとつです。

登山道は良く整備されています。急峻な箇所もあり楽しめます。
八郎岳2


頂上に着くと360度遮るものがなく、東に橘湾、南に天草灘、西には五島灘と長崎半島を取り囲む海が一望できます。そして眼下には三菱造船所や長崎港の風景。
気分爽快なパノラマが広がっています。五島列島もばっちり見えました。
八郎岳1


稲佐山、岩屋山も眼下にありますね。
八郎岳3


稲佐山、こんぴらさん、岩屋山には何度も登ったことがありますが、八郎岳は初めてでした。
案外、私と同じような長崎人の方は多いような気もしますが・・・。

次回また晴天の日を狙って、縦走ルートを歩いてみたいと思います。




最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ