対州馬

2010年07月20日


「絶滅の危機にある対州馬(たいしゅううま)」


長雨、集中豪雨で大きな被害を出した梅雨も終わり、猛暑の夏に突入しました。

皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、今月は何かと多忙な日が続き、更新も停滞しています。
そこで今日は以前より書こうと思っていた「日本在来馬」、その中でも長崎県対馬に残る貴重な「対州馬」について紹介します。

日本在来馬とは、洋種馬等の外来の馬種とほとんど交雑することなく残ってきた、日本固有の馬を指します。
現存のものは8種に分かれますが、その多くは個体数がたいへん少なく、絶滅が危ぶまれているのです。

resize0130

そんな在来馬の一種である対州馬が、毎年訪れる唐比ハス園に隣接する「唐比ふれあい牧場」で飼育されています。

今年は口蹄疫予防のため入園が制限され、「対州馬」に近づくことができませんでしたが、レンズを通して見る限り元気に暮らしているようです


続きを読む

at 01:13コメント(5)トラックバック(0) 
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ