2017年10月06日

黒島天主堂(長崎県佐世保市黒島町)

『手書きとは信じがたい天井の木目模様』

離島の教会の多くは、海の側や、海を見下ろす場所に在るものが多い。
黒島天主堂は島の内陸部に在る。
島に点在する集落から、信者が集いやすいよう中心部に建てられた。
黒崎天主堂1


献堂当時、島には2,000人余の人が暮らしていたそうだが、今は400人程度。
その8割はカトリック信者。
黒島天主堂は献堂時より神父様が途切れることなく赴任され、ミサは毎日執り行われている。



最初に常駐したマルマン神父が、基礎に黒島特産の御影石を積み、40万個のレンガを使い、1902年に祝別した荘厳な教会。
黒崎天主堂2


マルマン神父は自らペンをとって設計する。
信者は資金供出と献身的な労力奉仕を惜しまなかった。。
黒崎天主堂5


外観意匠はロマネスク様式の簡素な構成。
約40万個の煉瓦や資材は、名切の浜からの急な坂を背負って運ばれた。
黒崎天主堂4


堂内は撮影禁止のため、「黒島へ旅する」 → クリック よりお借りしました。
黒崎天主堂6


柱列によって身廊部と側廊部に分ける三廊式で、身廊部はアーケード、トリフォリウム、クリアストリーからなる三層構造であり、天井はリブ・ヴォールト(こうもり天井)。
特筆すべき部分は、祭壇の床に有田焼磁器のタイルが貼られていること。
資金不足によりこうもり天井には安価な板が使われましたが、信徒の手による木目模様が描かれていること。
神父自らが装飾を施したという世界にひとつしかない説教壇。

来年には大規模な改修工事が実施され、外観、内部の見学もできなくなるようです。
世界遺産登録前に是非訪れてみてはいかがでしょうか。





chibitaro0102 at 00:08コメント(1)教会群とキリスト教関連  

コメント一覧

1. Posted by 佳   2017年10月09日 13:15
4 こうもりの天上、懐かしいですね。
子供のころ通っていた幼稚園の大御堂を思いだしました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ