2017年03月08日

別府タワー(大分県別府市北浜3丁目)

撮影日:2013(H25).04.07

『塔博士 内藤多仲が手掛けたタワー6兄弟の三男坊』

別府タワーは塔博士、耐震構造の父と呼ばれる内藤多仲(ないとうたちゅう)早大名誉教授の設計により、1957年(昭和32年)5月10日に完成した。高さは90m。

別府タワー1


内藤多仲氏が手掛けた名古屋テレビ塔(1954年)・大阪通天閣(1956年)・別府タワー(1957年)・さっぽろテレビ塔(1957年)・東京タワー(1958年)・博多ポートタワー(1964年)は、タワー6兄弟と呼ばれている。



当初は電波塔としての利用が計画されていたが、県内各放送局は山側の十文字原に電波塔を建設したため、その役割を果たすことはなかった。
しかし、1960年代の観光ブーム時には、修学旅行生をはじめ年間90万人が訪れる別府の一大観光スポットとなった。

別府タワー2


その後入場者数の減少による経営危機、塔解体の検討が行われるが、経営母体の移譲により解体されることなく現在に至っている。
2007年(平成19年)に登録有形文化財に指定された。

別府タワー3


右の大きなデパートは「トキハ別府店」。
交差点を右折すると別府駅に突き当たる。
山はお猿で有名な「高崎山」。
別府タワー4


別府の街は将来の人口増加、観光施設の増加を予見し、昭和初期には碁盤目状の市街地整備計画が完了した。
当時、大都市でしか行われていない市街地整備計画が、地方の小さな町で行われたことは特筆すべきものである。
最も高い山は鶴見岳。
別府タワー5


海岸線に沿って延びるのは国道10号線。
砂浜は「的ケ浜公園」。奥は日出、国東方向。
別府タワー6


明礬温泉にほど近い十文字原の放送局電波塔。
電波塔の横は展望所が整備され、別府湾を中心に別府市街地、国東半島、大分市、天気の良い日は四国まで眺めることができる。
特に美しい夜景を楽しむことができるポイントとして、多くの市民や観光客が訪れている。
別府タワー7


別府タワーに上ると別府湾、別府市街が360度一望に見渡すことができます。
晴天の日はタワーの歴史を学びながら、美しい景色を是非とも楽しんで頂きたいと思います。
夜の営業も行われているようです、夜景を見ながらお酒や食事を楽しむのも素敵ですね。


chibitaro0102 at 21:00コメント(0)トラックバック(0)近代化遺産・産業遺産 | 風景写真 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ