2015年01月04日

長崎七高山巡り(長崎市)

撮影日:2015(H27).01.02

『一年間の無病息災と甥っ子の合格祈願に七高山巡り』

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

さて、2日は私の誕生日なのですが、これまで特に記憶に残るような一日を過ごしたことがありません。
お正月なので仕方ありませんが、呑んでは寝ての自堕落な一日を過ごしてばかりです。
そこで一念発起、今年は長崎に昔から伝わる「七高山巡り(しちこうさんめぐり)」にチャレンジしてきました。

七高山とは市街を囲む金比羅山(こんぴらさん)、七面山(しちめんさん)、烽火山(ほうかざん)、秋葉山(あきばやま)、豊前坊(ぶぜんぼう)、彦山(ひこさん)、愛宕山(あたごやま)を正月2日から15日頃までに巡拝するという江戸時代からの習わしです。今は山好きの人達が新年の行事として歩いているようです。

午前8時、料亭富貴楼の横から、まず松森神社、西山神社を経由して金比羅山を目指します。
resize0739


写真が多くなりますが、備忘録ということで・・・。



松森(まつのもり)神社は諏訪神社、伊勢宮と共に長崎三社のひとつ。菅原道真を祀る天満宮です。
正徳3年(1713)社殿改修の時に奉納された、板に薄肉浮彫りされた「職人尽」も有名ですね。
松森神社 → 過去記事resize0740


日本にやって来た長崎ザボンの子孫がある「西山神社」。
扁額は珍しい丸い形です。
西山神社 → 過去記事resize0741


立山へ上って行く途中には、長崎らしい(?)住宅が建っていますね。
resize0742


金比羅山への山道から見る今回の位置関係です。
resize0776


resize0777


右に進むと金星観測記念碑へ、今日は寄り道せず直進し金刀比羅神社へ。
金比羅山 → 過去記事
過去記事resize0745


金刀比羅神社を通過。
resize0746


9時15分、金比羅山山頂に到着。
resize0749


雪雲で鶴の港が良く見えません・・・。
resize0748


次の烽火山を目指し下山すると、西山水源地の見慣れた道路に突き当ります。
resize0750


西山水源地(ダム)を越え、片淵中学校を目指します。
振り返ると金比羅山。
resize0751


斜面に建つ家、家、家。
resize0752


お城の形をした片淵中学校の手前から山側に進みます。
道案内はありませんが、昔の記憶と感覚で上っていきます。市街地なので迷えば戻るの精神です。
resize0753


健山経由の烽火山には従わず直進、七面山妙光寺を目指します。
resize0754


雰囲気の良い古道。
resize0755


七面山に到着。お参りしてお堂右手より烽火山を目指します。
resize0756


烽火山は今回の山歩きで最も高い426m。11時30分、山頂到着。
時より雪が強く降ります。汗が冷えて寒さを感じます。今回は何度も上着を着たり脱いだりです。
resize0778


江戸時代に長崎港警備のための外国船の渡来を知らせる烽火台が作られ、それまで斧山と呼ばれた山が烽火山と呼ばれるようになったそうです。
伝達ルートは、野母崎の遠見番所→烽火山→琴ノ尾岳→近隣諸藩→江戸へ。
resize0758


秋葉大権現(山)を目指し下山。
途中、案内に従い左折しますが、テープ、踏み跡も少なく道迷いの危険性大、要注意です!
resize0759


12時30分、地図を確認しながら秋葉大権現に到着。
resize0760


さらに本河内へ下山。途中にある岩戸大明神、戸隠権現にも手を合わせ歩きます。
resize0761


妙相寺に到着。
開祖・逆流(ぎゃくりゅう)和尚の筆と言われる「瑠璃光山」の文字が刻まれたの石門。
resize0762


本河内水源地の公園で休憩。国道を渡り蛍茶屋方向へ進むと豊前坊への登り口。
鳥居の扁額には「英彦山」と刻まれています。
resize0763


彦山(ひこさん)は、もともと福岡県と大分県にまたがる英彦山(ひこさん)にあやかってつけられたといわれる山名。
元和元年(1615)豊前国英彦山から英彦山大権現を勧請し、山頂に祀ったことから彦山(英彦山)と呼ばれ、昔から信仰の山として多くの人に登られています。
resize0764


豊前房神社境内にある「長崎四国八十八ケ所霊場」の一つ、豊前坊下虚空蔵堂(こくぞうどう)。
岩壁には仏像が刻まれています。神秘的な雰囲気が漂う場所でした。
resize0766


豊前坊飯盛神社への山道。急な石段が天に延びる感じです。
息切れしながら、手すりにつかまりゆっくり上りました。
resize0767


飯盛神社は受験、進学に御利益があり、年々参拝者が増えているそうです。
本河内から登るとかなり体力を要しますが、反対側の田手原からは車で近くまで行くことができます。
resize0768


豊前坊のある英彦山の全容です。左奥は烽火山。
resize0770


残すは写真中央の愛宕山です。時刻は14時半、何とか満願出来そうです。
頑張って歩きます。
resize0769


15時10分、住宅地の迷路を上手く通り抜け、愛宕山の愛宕神社に到着。
木々に覆われ眺望はありませんが、歴史があり、長崎の人が大切にしてきた神社の雰囲気がしました。
resize0772


片淵の駐車場までの帰り道、風頭山の龍馬に挨拶し・・・
resize0773


斜面に空き地が増える半面、平地にはマンションがたくさん建ったなぁなんて思いながら・・・。
resize0774


竹ん芸で有名な古いけれど「若宮稲荷」にもお参りし・・・。
resize0775


無事、七高山巡りを一日で達成でき、53回目の誕生日は記憶に残る一日になりました。
長々となり申し訳ありません。

皆さまにとって良き一年となりますようお祈り申し上げます。





chibitaro0102 at 15:06コメント(4)トラックバック(0)史跡 |  

トラックバックURL

コメント一覧

4. Posted by ちび太郎   2015年01月18日 22:37
takeppeさま

七高山巡りやっと実行出来ました。
2日は雪が降るあいにくの天気でしたが、誕生日だったので思い切って頑張りました。
登山者とは金比羅山で一人会っただけで、他は誰とも会いませんでした。
今年最初に七高山巡りをやった人間だと思っています。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
3. Posted by takeppe   2015年01月14日 22:18
あけましておめでとうございます!
七高山を一日で制覇されるとは!
さすがです。
私の実家は、愛宕山を正面に見たところでしたので、毎日毎朝見ていましたが、頂上に登った事は1度しかありませんでした。
この角度から見ると、愛宕山も別の山みたいに見えますね。
何か故郷を思い出してしまいました。
今年もよろしくお願いいたします。
2. Posted by ちび太郎   2015年01月07日 20:54
エフ様

新年おめでとうございます。
一度はやってみようと思っていた七高山巡り、何とか達成できました。
見慣れた風景、登ったことのある山もあり、大きな道迷いもありませんでした。
でも、大分の山と比べると道案内板など長崎の山は少な過ぎますね。
拙いブログですが、今年もよろしくお願いします。
1. Posted by エフ   2015年01月06日 21:50
あけましておめでとうございます
七高山、噂に聞いてましたがハードそうな道のり・・
誕生日に完歩できるなんていい日になりましたね
今年もよろしくお願いします

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ