2014年09月01日

池島 2014 その4・海水淡水化装置(長崎市池島町)

撮影日:2014(H26).07.20
撮影日:2008(H20).09.14

『日本初から世界へ。池島で培われた日本の技術力』

炭鉱施設やアパート群と同様に必ず紹介される旧発電所。
目の前で朽ちていく巨大施設に圧倒されますが、この発電所は池島が近代的炭鉱(ビルド鉱)として歩み始めた1966年に完成、最大出力8,000kwの性能を有しました。
池島発電所


また発電時に生じる排熱を利用し、海水から真水を造りだす淡水化装置が併せて導入されました。
日本初の陸上用海水淡水化装置(能力2,650トン/日)によって、水資源を持たない離島における飲料水が確保されたのです。
淡水化装置は、写真中央部のコンクリ―ト基礎部分が残る位置に設置されていました。
装置の姿はこちらをご覧ください → 三井松島グループ100年史
池島淡水化1


淡水化装置を納品したのは㈱ササクラ(旧社名:㈱笹倉機械製作所)。
㈱ササクラの会社沿革によると、1966年(昭和41年)9月 松島炭鉱池島鉱業所へわが国初の陸上用海水淡水化装置(2,650トン/日)を納入、1967年(昭和42年)1月クウェート国政府から当時世界最大の海水淡水化プラント(36,400トン/日)を受注とあります。
その後も中東各国へ淡水化装置を納入し、ササクラは世界有数の水処理技術を有する企業へと成長し今日に至っています。
(写真は炭鉱施設内に残されていた名板・2008年撮影)
池島淡水化2


海水を淡水化する方法は主に2通りあり、ざっくり言えば池島で採用された海水を熱し蒸発させて真水にする「多段フラッシュ式」と、特殊な膜に海水を通し塩分を除去する「逆浸透式」に分けられます。
多段フラッシュ式は、石炭による熱エネルギーが大いに利用できる池島ならでは採用だったのです。
池島淡水化3


日本の西の果て、炭鉱で栄えた小さな島。
朽ちていく建物だけではなく、世界に誇る日本の技術が生まれたことも、記憶に残すべきものではないでしょうか。

※1枚目の写真のみ2014年撮影

chibitaro0102 at 23:22コメント(2)トラックバック(0)炭鉱関連 | 近代化遺産・産業遺産 

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by ちび太郎   2014年09月10日 22:05
エフ様

池島はキョロキョロしながらでも、歩いて2時間ちょっとあれば周回できます。
車を持って行く必要はないでしょう。
急いでアパート群に行くのであれば、ミニバスに乗ればすぐ着くと思います。
お店がないので、水分や食べ物は持参した方が良いと思います。
こらからの季節は、風と波の音だけが聞こえる孤島の雰囲気を感じられます。
1. Posted by エフ   2014年09月09日 23:45
こんばんは
夏に池島に行きそびれてしまいました
ヤツガシラにも会えたかもしれないのに残念
池島は車がなくても移動できるくらいの島でしょうか

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ