2013年03月25日

三菱合資会社長崎支店「炭坑舎」跡(長崎市小曽根町)

『長崎市民による洋館保存運動のきっかけとなった場所』

現在、この近くには長崎税務署や県警など公的建物があり、岸壁には保安庁の巡視船が係留される静かな場所になっていますが、1985(昭和60)年までは三菱高島炭鉱の事務所として建築された木造洋館「炭坑舎」がありました。
炭鉱舎3


炭坑舎は桟橋に繋がり、三菱造船所初の鉄製汽船「夕顔丸」が高島や端島(軍艦島)に多くの人や物資を運んだ時代もありました。
炭鉱舎2


木造洋館「炭坑舎」と三菱社船「夕顔丸」。
今この場所を訪れても、往事の賑わいを感じられるものは何一つないのですが、唯一、石碑がポツンと立っているのを見つけました。
炭鉱舎4


石碑には次のように記されていました。

史跡 三菱合資会社長崎支店跡 三菱マテリアル株式会社

この地は、三菱の創業者岩崎彌太郎が明治十四年三月三十一日、後藤象二郎の経営する後藤炭坑商局(通称「炭坑舎」)を譲り受け、以後、高島炭坑の石炭販売を主業務とする他三菱造船所の設立にも大切な役割を果たす等、三菱の内外の本拠地として礎を築き、三菱の発展に寄与したところである。明治三十四年五月頃には、木造洋館二階建での事務所に建替えられ、三菱合資会社長崎支店が営業を行なっていた。その後、石炭事業の独立に伴い、三菱鉱業(株)並びに三菱石炭鉱業(株)に継承されてきたが、昭和六十年一月、石炭事業の使命を終え、建物は解体された。以上の経緯を後世に伝承するため、これを建立する。

平成十三年三月吉日

炭坑舎が解体される際には、保存を求める市民運動がありました。
市民自らが街のあり方を考えるきっかけになったと言われています。

長崎の発展を築いた石炭産業、文化財としても価値があった「炭坑舎」。
解体後16年目にして、三菱が記念碑を建立しています。
本来であれば、市が当時の写真付きで建立し後世に伝えるべきものだと思うのですが・・・。
炭鉱舎1


昭和40年代のゼンリンの地図です。
炭坑舎には複数の会社が入っています。隣には「夕顔食堂」があります。
「宝焼酎工場」長崎で焼酎を造っていたの?って感じですね。
高島に住む子弟が市内の学校に通うための「高島学生寮」。
「空ビン置場」に「鉄材置場」。広い「貯炭場」
今よりずっと活気があったように感じますね。
炭鉱舎5


現在、長崎と高島を結ぶ船の名は「コバルトクイーン」。
街や港の風景は変わっても、できれば「夕顔丸」という名前は大切に受け継いで欲しかった。
音や言葉の響きだけでも、故郷を思い出すきっかけになると思うのです。
「夕顔丸」、長崎に似合いのとても優しい響きだと思いませんか・・・。

chibitaro0102 at 19:29コメント(9)トラックバック(0)炭鉱関連 | 消えゆくものと消えたもの 

トラックバックURL

コメント一覧

9. Posted by スーパーコピー時計   2013年07月19日 17:17
軍艦島が世界遺産になろうかというこの時、炭鉱社はぜひとも残しておくべきでしたね!
住民の方が先見の明があったわけですね。
8. Posted by スーパーコピー時計   2013年07月19日 17:13
こちらでのお勤め大変お疲れさまでした。
新天地での更なるご活躍を祈念申し上げます。
7. Posted by blueswave   2013年04月04日 22:42
新天地での生活が始まっているのでしょうね。慣れるまでは気苦労も多く大変でしょうが、健康に気を付けてがんばってください。

さて、以前勤めていた会社の転勤で長崎に来たのは昭和53年でした。安全靴など作業にかかわる商品を納める会社でしたが、その納入先に高島炭鉱の生活協同組合がありました。電話で受注し、商品はこの炭鉱舎のあたりにあった富川兄弟商会という会社に届けていました。この会社からは毎日高島へ行く小さな船の便があり、その船に積み込んで送ってもらっていました。船が出る時間ぎりぎりになってしまって自分で直接船まで持っていったこともあります。なつかしいです。
6. Posted by ちび太郎   2013年03月31日 20:13
はやぶさ様

炭坑舎のあった場所は、埋め立ても行われ海岸線が変わっているようですね。
石碑のある場所は、当時から今も商売されている(?)苑田酒店さんの裏にある倉庫の所に建っていました。
人通りも少ないですし、わざわざ訪ねる人も居ないでしょうから寂しい感じがしました。
また、大浦の「旧英国領事館」も改修すると言わながら結構長い時間放置され、鎧戸などの傷みが進んでいるようです。
観光客が訪れ、お金を落としてくれるような場所以外は、厄介者のような扱いになっている気がします。
5. Posted by ちび太郎   2013年03月31日 20:03
超問さま

いつもコメントありがとうございます。
「夕顔丸」と入力した後、「せい丸」「つや丸」も復活してほしいなぁと思ったところでした。
伊王島に橋が架かり、高島航路も乗客が減っているようですね。
便利さと引き換えに、賑やかだった昔を思い出すことも、難しくなってきましたね。
4. Posted by ちび太郎   2013年03月31日 19:58
photowindthought さま

こんばんは。
ずっと転勤しながら、長崎の事を多く記事にしてきました。
しばらくは更新に間が空くと思いますが、相変わらずの長崎ネタを中心に更新したいと思います。
長崎を離れるとより強く長崎の歴史を面白く感じ、週末帰省するのが楽しみになるものです。
これからもよろしくお願いします。
3. Posted by はやぶさ   2013年03月28日 13:27
一度、炭鉱社あたりを歩いたのですが、場所が特定できませんでした。
地図を見ると、だいぶ海岸線が変わっているようなので、埋め立てが行われたのでしょうか?
軍艦島が世界遺産になろうかというこの時、炭鉱社はぜひとも残しておくべきでしたね!
住民の方が先見の明があったわけですね。
2. Posted by 超問です。   2013年03月27日 23:34
 夕顔丸もそうですが、夕顔丸の後に、高島・端島航路に従事した「せい丸」・「つや丸」の名も忘れられない名前です。
1. Posted by photowindthought   2013年03月26日 12:40
10年前まで私も転勤族で6回移動の末、
今の長崎に落ち着きました。
そんな中、ちび太郎さんのブログでは
長崎のいろんな知識や情報を学ばせていただきました。
ちょっぴり寂しいですね。
でも、ブログは継続されるようですので一安心。o(^-^)o

こちらでのお勤め大変お疲れさまでした。
新天地での更なるご活躍を祈念申し上げます。

※大分の情報などは、私のブログリンク内の
“身近な隠れ場”で参考になる物があると思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ