2010年11月02日

記憶(長崎市香焼町)

撮影日:2009(H21).11

「昨日の出来事のようでもあり、遠い昔のようにも感じる・・・。」

暦は11月、秋が深まるなかでいろんなイベントが各地で行われています。
ちょっとネット検索するだけで、「ハーレーフェスティバル」「唐津くんち」「佐賀バルーンフェスティバル」等々・・・。
週末の暇つぶしには事欠かないようです。

aboap


夜な夜な溜まりに溜まった写真データを DVDにバックアップしています。
ついついデータを覗いてしまうので、一向にはかどりません。

去年の11月は・・・?
安保アパートの解体が始まった月でした。

ついこないだ!と言っても9月末ですが、伊王島と香焼を繋ぐ「伊王島大橋(仮称)」の橋げたが全て架かったと騒いでいたことを思うと、アパートの解体なんてずっと昔の出来事のようにも感じられます。

そろそろ香焼にも出かけてみようかな・・・。





chibitaro0102 at 20:45コメント(4)トラックバック(0)香焼炭鉱・香焼町関連  

トラックバックURL

コメント一覧

4. Posted by ちび太郎   2010年11月07日 10:52
やまとたけるさま

おはようございます。
重機のアーム一振りで、APなんて簡単に崩れてしまうものですね。
解体現場には、人が住んでいた証を感じさせるものが散乱していました。
感傷に浸る間もなく、造っては壊す行為はいつも繰り返されています。

橋完成後、香焼、伊王島、長崎の活動がどう変わっていくか、注意深く見ておきたいと思います。
3. Posted by ちび太郎   2010年11月07日 10:42
hiroさま

お元気そうで何よりです。
春、チューリップ祭りがあっている頃に行った以来、香焼には最近は行っていません。
港や丹馬団地、阿保トンネルなど写真はあるんですが、ブログにまだアップしていません。
そのうちポツポツ登場することもあるでしょう。

夏の同窓会、とても楽しいものだったとことが伝わってきます。
参加して良かったですね!
また、長崎に帰省する楽しみができましたね。

「いつか読書する日」は、以前見ました。
ずんだれの親が暮らしている場面で、阿保APが使われてますね。
映画全体が暗い雰囲気で流れていくので、また見たいとかいう感じにはなりませんでした。

来春は伊王島大橋が通行できるようになります、人や物の流れも大きく変わる気がします。
2. Posted by やまとたける   2010年11月03日 08:53
あしたのジョーのバックとBSアンテナ。
しかもモノクロで色を押さえてある効果で、古さを感じます。
それまではここには人々の生活があったことをうかがい知ることができます。

架橋であの一帯はこれからどんな風に変わっていくのでしょうか。
1. Posted by hiro   2010年11月03日 05:26
5 たいへんご無沙汰してました?
夏の香焼小中学校の同窓会最高でしたペーロンにも乗せてもらい感激でした!セピア色の思い出に色をつけることができました。小学校四年までしか香焼にいなかったのですがほとんどの旧友が覚えていてくれて…(涙)現在50歳でありますところで最近ですが2005年の「いつか読書する日」という映画で香焼がロケ地になってるのを知りさっそく観たら安保のSアパートが出て来たのには涙ものでした。
ちび太郎さんはもう観られましたか?
今回の同窓会にも2名ほどSアパートに当時住んでいた旧友が来てました。取り壊されたのはやっぱり残念がってましたね。でも朽ち果てて行くのを見るのもつらいけど…と言っておりました。
不思議と少年時代の輝いていた香焼を思い出す曲があります。
それはサント&ジョニーのスリープウォーク聴いてるとフラッシュバックしてきます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ