2019年04月16日

御衣黄桜(佐賀県嬉野町・横竹ダム)

撮影日:2019(H31).04.13

『漢字の意味するところが気になる日々』

御衣黄(ギョイコウ)は桜の栽培品種。
染井吉野(ソメイヨシノ)に遅れて開花する御衣黄。
花弁数は10から15程度の八重咲き。花弁は肉厚で外側に反り返る。色は白色から淡緑色。
御衣黄桜1


開花時には目立たないが中心部に紅色の条線があり、次第に中心部から赤みが増し散る頃にはかなり赤くなる。
「御衣黄」という名前は江戸時代中期から見られ、その由来は天皇・貴人の衣服の萌黄色に近いため。(Wikipediaより抜粋)
御衣黄桜2


元号が間もなく「平成」から「令和」へと変わりますね。
「令和」の典拠が万葉集であるとか、日頃気にもしない古典が話題になったりもします。
「御衣黄」。何とも日本的な言葉使いが、いつにも増して気になりました。

横竹ダム周辺には約300本の御衣黄桜が植栽されています。
花が緑色なので、葉桜と見間違えて通り過ぎないよう注意して下さいね。



chibitaro0102 at 05:46コメント(0)風景写真 | 動物・植物 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ