2016年12月08日

撮影日:2016(H28).12.03

『今日は75年前の出来事について学び考える日』

全国的に知覧の特攻平和会館は有名だが、同じ鹿児島県の鹿屋にある海上自衛隊鹿屋航空基地資料館にも旧海軍の特攻隊員の遺書等が多数展示されている。

個人的な感想だが、知覧は特攻に関するものに特化しているが、鹿屋は旧日本海軍の創設期から太平洋戦争、終戦、自衛隊の創設までの貴重な資料が時系列に多数展示してあり、特攻隊員の遺書や遺品で情緒的になるだけでなく、歴史について学び、考える事ができるよい施設だと思う。
resize0018


鹿児島県の錦江湾と吹上浜の海底から引き揚げられた2機の零戦から部品を補い、1機の零戦をオリジナルに近い形で復元している。
栄21型エンジンも見事に復元され、間近で見ることができる。
resize0017


屋外には世界唯一現存する旧日本海軍の二式大艇が展示され、その大きさに圧倒される。
resize0023


海上自衛隊で活躍した飛行機も多数展示されている。
resize0019


飛行機好きな子供たちも楽しめます。
resize0020


鹿児島市からは少し離れているけれど、是非ゆっくり訪れて欲しい施設。

今日は旧日本軍が太平洋戦争のきっかけとなったハワイ真珠湾を攻撃した日。



chibitaro0102 at 23:47コメント(0)トラックバック(0)自衛隊・旧日本軍 

2016年12月07日

2016(H28).12.03

『日本最大級のFRP船と世界最大級の木造船、そして巨大鋼船』

志布志港旅客船埠頭に海自の艦艇が入港していました。

艦番号463 掃海母艦「うらが」 基準排水量5,650t 全長141m 
速力22kt 乗員約160名

艦番号303 掃海艦「はちじょう」 基準排水量1,000t 全長67m 
速力14kt 乗員約60名

艦番号606 掃海艇「はつしま」 基準排水量570t 全長60m 
速力14kt 乗員約45名

海上自衛隊掃海隊群 第1掃海隊(横須賀)に属する3隻でした。
2016志布志港8


これら3隻は、日向灘で11月20日(日)から11月30日(水)まで実施された機雷戦訓練及び掃海特別訓練終了後、志布志港に入港したものです。

続きを読む

chibitaro0102 at 23:41コメント(0)トラックバック(0)自衛隊・旧日本軍旅行・ドライブ・イベント 

2016年12月06日

撮影日:2016(H28).12.03

『愛車も6年で10万キロ達成!久しぶりの爆走独り旅』

北九州市を起点とし、大分・宮崎を経由して鹿児島市まで行ける「東九州自動車道」。
今回、深夜別府発の長距離ドライブを敢行した。

最初の目的地は志布志市。
東九州自動車道で都城ICまで行き、国道を利用し志布志へ約300キロの行程。

大分から先の高速は殆どが対面通行、制限速度70キロ。それでも国道を使うより断然便利である。
ただし、佐伯ICから延岡南IC間は現在無料区間。無料区間だからか?パーキングエリアがない。
「かまえインターパーク」、「道の駅北川はまゆ」の案内が出てくるが、近いのか遠いのか?何となくはっきりしなかった。

朝6時、無事に志布志着。
志布志漁港を通ると、海面の毛嵐に遭遇。
志布志漁港1


今旅の最初の写真撮りは、コンビニおにぎり食べながらの「毛嵐の朝」となった。
志布志漁港2


一泊二日、きままな独り旅。
時間の許す限り睡魔と闘いながらあれこれ立ち寄ってきたので、順次報告します。


chibitaro0102 at 10:38コメント(0)トラックバック(0)風景写真日常 
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ