2021年12月13日 12:00

撮影日:2021(R3).12.05
撮影日:2012(H24).05.19

『橘湾に敵艦見ゆ』

80年前の12月8日は、太平洋戦争の契機となったハワイ真珠湾攻撃があった日でした。
ニュースやテレビ番組で当時の証言や映像をご覧になられた方も多かったのではないでしょうか。
さて、今回は久しぶりに戦争遺構の話、長崎市太田尾町に残る「枇杷崎射堡(しゃほ)基地」について報告します。

まず、「射堡」とは、海上の敵艦に対し陸上に格納している魚雷を発射し攻撃する施設のことです。
魚雷を海岸線の崖などをくり貫いた壕に格納し、指揮所からの命により海面へ敷設したレールで運搬し、圧縮空気によって発射するとされています。
射堡は戦況の悪化に伴い計画された「震洋」、「蛟竜」、「海龍」などの特攻作戦と同様に配置されたようです。
戦史には「〇〇射堡隊」といった部隊が存在するので、それ相応の設備や兵員が配置されていたようですが、詳細な調査報告がなく「射堡」についてはよく分からないのが現状です。

枇杷崎射堡


「枇杷崎射堡基地」と言われる魚雷格納庫(壕)等は、上の写真の赤部分に存在します。
子供の頃から磯遊びや魚釣りで太田尾を訪れるたびに、海岸に残るコンクリートや台座と配管、崖に掘られた穴がずっと気になっていましたが、近年のネット情報によりこれが「射堡」であることを知ることができました。

それでは、現在と過去撮った写真で「枇杷崎射堡基地」を見ていきたいと思います。

堤防先端から海岸に下りるとコンクリートで固めた歩道のような部分があります。
ここには後ほど出てくる圧縮空気の配管が埋設されているものと考えられます。
PC054650


振り返るとこのような感じです。子供の頃から変わりません。
藪の中には関連する設備や建物の痕跡は何もありません。
PC054652


崖の先端を取り巻くように続いています。歩く際には便利です。
PC054653


裏側の海岸に出ました。土地は崖側は平ら、海面側は下がっています。
昔は崖側にコンクリート台座と配管がありましたが・・・。
PC054659


さらに枇杷崎に向かって進みます。どこにでもある海岸です。
PC054662


よく観察すると崩れたコンクリートの塊が転がっています。
PC054664


これは四角い原型を留めている台座。
PC054667


さらに進むと崖にある壕が見えてきます。
PC054668


中は広くゴミも投棄されていません。大きな崩落も無く、奥行きは20m近くあります。
PC054670


入口や内部をコンクリートで固めたような跡は、はっきりと確認できません。
PC054677


ネットや資料によると壕は5つと記されていますが、4つは確認しました。
ほぼ等間隔で並んでいます。
PC054689_LI


ここからは過去(2012年)撮った写真です。
壕の状態は今とほとんど変わりませんが、撮影時には人為的にリュウゼツランや花が植えてあります。
誰かが隠れ家として使っているような感じでした。
IMG_2583


壕の海面側に大きなコンクリートの塊がありましたが、現在は確認できません。
IMG_2591


今はないコンクリート台座と配管がひと昔前にはありました。。
IMG_2601


子供心にも一体何だろうと思わせる興味津々の残骸でした。
IMG_2602


1948年の航空写真(国土地理院航空写真より引用)。
海に突き出る桟橋のようなものが4本確認できます。
何らかの軍事設備があったことは間違いないようです。
太田尾射堡 1948米軍


今は穏やかな風景が広がる太田尾地区ですが、80年前は敵との本土決戦に向けた設備が造られ、日夜訓練が行われていたことなど想像もできませんね。
長崎は戦争遺構の調査研究・報告が少ないような気がします。何とか当時の状況を記録し、平和への願いを込め後世に伝えて欲しいと願います。
IMG01109_HDR


今日は、子供の頃からずっと気になっている「枇杷崎射堡基地」のお話でした。

参考資料
「こどもと歩く戦争遺跡Ⅲ・熊本の戦争遺跡研究会編」図書
「みさき道人 "長崎・佐賀・天草etc.風来紀行"」HP

IMG01160


IMG01161




2021年12月03日 10:00

撮影日:2021(R3).10.23

『リゾートアイランドに炭鉱があったことの証し』

伊王島の隣にある香焼島(今は埋め立てにより本土となる)では、すでに元禄年間の1700年頃農民の勝手掘りにより石炭採掘が始まったとされているが、伊王島では石炭がないと言われ開発が行われることはなかった。

1935年(昭和10年)、当時の日鉄鉱業株式会社嘉穂鉱業所常務の松村茂氏は、伊王島にも石炭はあるとし、沖之島北部「乗越」での試錐で有望な石炭層(海底炭層)を発見した。
試錐は9月開始され、12月に着炭。炭層は9m余りあることが確認された。

1941年(昭和16年)2月11日、地元住民の協力を得て伊王島炭鉱(日鉄鉱業株式会伊王島鉱業所)が開坑される。
最盛期の1962年、島の人口は7,600人に達し、島内には銀行、映画館、商店街、炭鉱住宅が建ち並び、高島・端島(軍艦島)・崎戸島などと同様に石炭の島は活況を呈する。

1950年代、中東・アフリカで大油田が発見され、産業界では石炭から石油へと燃料転換が急速に進むエネルギー革命の時代を迎える。
また、コスト面においても海外の安価な原料炭の輸入が増加し、採炭条件が厳しい国内炭は生産コストが上昇、炭鉱経営は苦境に追い込まれることとなる。
さらに国の石炭鉱業審査会において国内炭の段階的縮小を図る答申が出され、これまで経営を継続していた各地の炭鉱は漸時閉山を迎えることなる。

このような情勢の中、伊王島炭鉱は操業を継続していたが、1965年(昭和40年)には死者30名を出すガス爆発事故もあり、1972年(昭和47年)3月30日閉山。
31年という短い山の歴史にピリオドを打った。

長崎県内の主要な炭鉱の閉山時期
・香焼炭鉱 1964年(昭和39)
・崎戸炭鉱 1968年(昭和43)
・大島炭鉱 1970年(昭和45)
・伊王島炭鉱1972年(昭和47)
・端島炭鉱 1974年(昭和49)
・高島炭鉱 1986年(昭和61)
・池島炭鉱 2001年(平成13)

金刀比羅神社は伊王島の最高峰唐船岳(とうせんだけ・108.6m)山頂にある。
付近の字名を唐船守というところから唐船の出入りを監視する遠見番所があったと考えられる。
IMG_4168


金刀比羅神社の石祠は1973年(S48年5月10日)伊王島炭鉱の閉山に伴い日鉄鉱業(株)伊王島鉱業所と舟津郷氏子によって改修奉納されているが、今は祭祀が行われることもなく荒廃している。
IMG_4169


祠も近づけないほど藪に覆われています。
IMG_4167


石祠に絡みつくツタを取り払う。
「金刀比羅神社改修記念碑」
傍らには三角点。
IMG_4175


「奉納 日鉄鉱業株式会社伊王島鉱業所」
50年の時間を感じさせない存在感
IMG_4171


「記 昭和16年2月11日開坑 昭和47年3月30日閉山」
IMG_4172


「昭和48年5月10日 舟津郷氏子一同建立」
IMG_4174


炭鉱閉山後、伊王島の人口は激減。
島は新たな基幹産業としてリゾート施設を誘致、現在に至ります。
今日は唯一、伊王島に炭鉱があったことの証し、唐船岳山頂金刀比羅神社の石祠のお話でした。
IMG_4176


炭鉱があったころの画像は ⇒ HP「伊王島の歩き方」 をご覧ください。


2021年10月13日 19:00

撮影日:2021(R3).10.11

『恐竜と深いつながり長崎県』

久々の記事更新!今日は10月29日にオープン予定の「長崎市恐竜博物館」です。
外観だけの紹介ですが・・・。

「博物館入口にいるティラノザウルス」
s-DSC06934


恐竜で有名なのは福井県かと思っていましたが、日本の古生物学の父と呼ばれる東大教授が長崎出身、ティラノザウルス系の恐竜化石の産地「三ツ瀬層」が長崎であることなど、県民の意識とは別に長崎は恐竜との関わりが深いようです。
炭鉱があった時代から、採炭時に多くの恐竜の化石が発見されているようですしね。

「駐車場入口(体育館側)の案内」
s-DSC06907


次の頁で周辺の写真をご紹介


続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ