2022年06月13日 12:00

撮影日:2022(R4).04.09

『ここに会社がありました!』

大きさが異なる山を模したような三角錐の門柱。花崗岩を切り出した石積みでしょうか?
埋め込まれた名板には「松島炭鉱株式会社 池島鉱業所」。
この島に大企業が巨額の投資を行い、多くの労働者を雇用し石炭事業を行っていた証です。
池島炭鉱は1960年代に操業を開始した新しい炭鉱であり、島という隔離された場所であったからでしょうか、入口は一般的な門扉を構えるような造りではなく、傍に守衛室もなく、明るく近代的なイメージの門柱となっています。

2022.04
現在は、上部にある総合事務所や立坑への無断立ち入りを禁じるためロープが張られ、伐採された木々が積み上げられ通路の存在を隠しています。
s-A89A4899


2008.08
前年度まで炭鉱技術移転五カ年計画が行われていたこともあり、総合事務所は利用されていた思います。通路はまだ封鎖されていませんでした。
IMG_4958


2022.04
現在も「鉱業所」のバス停は残っています。
昔は大型バス、今は幼稚園の送迎で使われるようなコミュニティバスが運行しています。
s-A89A4901


2022.04
船の便に合わせてあるのか、時間帯によっては便数が多いような気がします。
ここで下車する人が多いとは思えませんが、それでも「鉱業所」というバス停が残っていることは嬉しく感じます。
A89A5509


2008.02
こちらは三池炭鉱(大牟田市)の三川坑に残る正門と名板です。三川坑は昭和天皇のご入坑があり、戦後復興となる多くの石炭を生産しました。
また「総資本対総労働」が激突した三池争議の舞台であり、戦後最大の炭じん爆発事故があった場所としても知られています。
現在は大牟田市近代化産業遺産として正門は保存、内部の斜坑なども見学できるよう整備されています。
IMG_1628


炭鉱が閉山するといわゆる箱モノと呼ばれる施設は老朽化も含めその殆どが解体されます。
一部、炭鉱のシンボルと呼ばれる竪坑櫓などが歴史の証人として保存されることはあっても、社有地自体が処分されるため門柱が残ことは稀だと思います。
IMG_1627


2006.12
三井三池炭鉱最後の山「有明鉱」1997年閉山。
観音開きの鉄扉、内には守衛室。
現在はソーラー発電所となり、炭鉱施設は何一つ残っていません。
2006.12.10・有明鉱 008


池島に残る「松島炭鉱株式会社 池島鉱業所」の門柱と名板。
将来、会社の施設や敷地管理の手段が変わると撤去されてしまうことも考えられます。
今日はここに会社があったことのお話でした。




2022年05月16日 12:30

撮影日:2022(R4).04.09

『これが日常、これが現実・・・。』

今回は選炭工場群と同様に、池島に上陸し先ず目に飛び込んでくる発電所の現状です。

池島発電所は1967年(昭和42年)に完成。
選炭過程で生じた微粉炭を燃料としていました。出力は8,600kw。
池島炭鉱は、九州電力から海底ケーブルで送られる電気と池島発電所の電気を使用し操業していました。電気的にいう並列運転で電力を供給していました。
また、ボイラーの排熱を利用して海水を淡水化する造水装置も設置し、海水から1日に2,650tの真水を造り、島内の需要を賄っていました。
池島炭鉱閉山(2001年・H13)後の平成14年3月に廃止。

淡水化装置に関する過去記事 
→ 池島 2014 その4・海水淡水化装置(長崎市池島町)

では、過去と今の写真です。

2008年(H20)8月
まだ塗装が残っている部分もあります。
内部構造も維持できています
IMG_4919


通路、階段、鉄柵等、破損や脱落は見られません。
電気集塵機の大きなダクトも繋がっています。
IMG_4939


2022年(R4)4月
遠くからの全体像は変化が無いようですが・・・。
A89A4862


近づいて見ると・・・。
A89A4864


型枠の太い鉄骨以外は殆ど損壊、崩落しています。
A89A4868


奥の選炭工場群と同様に崩落しています。
A89A4878


昨今、池島は「非日常」「ノスタルジック」「幻想的」・・・を体感できる場所だと数多く紹介されています。
確かに廃墟となり崩れていく工場や人が消えたアパート群を見ると時の流れを痛感し、私たちの日常生活とはかけ離れた異空間のように感じますが、池島の歴史や関わりのある人達にとっては、決して「非日常」ではなく「日常」「現実」の姿だと思います。
形あるものが崩れ消え去るように私たちの心も移ろい行き、歴史や現実ですら忘れてしまうのでしょうか・・・。
今やデジタルの時代、その時々の事象をタイミング良く、正しく記録していくことが重要だと感じています。

今日は発電所と造水装置のお話でした。つづく・・・。

空中映像(YouTubeより引用) 
→ 池島炭鉱跡/長崎ドローン4K空撮(NAP DRONE TEAM)



2022年05月10日 12:30

撮影日:2022(R4).04.09

『閉山後20年、変貌する産業遺産』

角力灘を望む「ながさきサンセットロード202」をドライブしながらいつも眺める池島、今回8年振りに渡ってみました。

池島と言えばやはり「池島炭鉱」
日本の近代化を支えた石炭の島、九州で最後まで操業した炭鉱の島として知られています。

「池島と炭鉱の歴史」
1952年(S27)松島炭鉱(株)が炭鉱開発を始める
1955年(S30)池島炭鉱着炭
1957年(S32)池島港完成
1959年(S34)営業出炭開始
1970年(S45)池島の人口7,776人ピークとなる
1985年(S60)年間最高出炭量153万トン
2001年(H13)池島炭鉱閉山(九州最後の山)
2002年(H14)炭鉱技術移転五カ年計画スタート、海外からの研修生受け入れ
2003年(H15)坑道内の見学開始
2007年(H19)炭鉱技術移転五カ年計画終了
2008年(H20)池島アーバンマイン株式会社設立 リサイクル事業開始
2011年(H23)トロッコ電車運行開始
2016年(H28)池島アーバンマイン株式会社 破産

「選炭工場群」
選炭工場とは、坑内から揚げられた石炭を水槽で比重により選別し岩石(ボタ・ズリ)を取り除き、さらに燃焼カロリー毎に選別する設備を有する施設。
※写真はクリックすると拡大できます!

2008年(H20)8月
傾斜地に建つ工場群、炭鉱の島にやって来た!という気持ちになりました。
閉山後7年経過
IMG_4869


閉山後も炭鉱技術移転五カ年計画が実施されていたので、ある程度は維持管理されていたと思います。
錆が出ているものの、ほぼ操業時の姿を留めています。
IMG_5277


2014年(H26)7月
全体として何とか持ちこたえている印象です。
最上部に建つ横長の建物はサッシや壁面パネルが損傷しています。
IMG_3417


損傷個所の拡大画面
IMG_3415


2022年(R4)4月
船上からも選炭工場群の異変が確認できます。
全国で唯一現存した選炭工場群が原型を留めない姿となっています。
A89A4817


建屋や設備が大きく崩落。
遠目にもうかつに近づくのは危険だと強く感じます。
A89A4852


閉山から20年、老朽化、台風などの自然災害、島であるが故の塩害など、複合的な要素が重なり今の姿になったと思われますが、予想以上の厳しい現実を見ることとなりました。

・・・つづく

最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ