2020年10月12日 21:21

撮影日:2020(R2).09.21

『立坑があった場所に唯一残る建築施設』

炭鉱には石炭や人員、通気のために地上から坑内へ垂直に掘り下げた立坑(竪坑)という坑道施設があります。
高島の立坑は、
・北渓井坑(明治2・45・2.1×1.6)
・南洋井坑(明治4・42・不明)
・蛎瀬第一立坑(明治34・169・3.9×3.0)
・蛎瀬第二立坑(明治34・194・4.9×3.0)
・蛎瀬立坑(昭和17・375・6.0×6.0)
・二子立坑(昭和38・965・6.5×6.5)がありました。
※()の表示内容は(掘削完了年・深度m・直径m)

今回は蛎瀬立坑について・・・。

1950蛎瀬


s37


s61蛎瀬


※上記写真は石炭資料館のパネル、高島町記念誌より出典

閉山時、高島炭鉱は蛎瀬・二子の両立坑が稼働していたのですが、閉山後、立坑は埋められ密閉、炭鉱のシンボルと言われる立坑櫓(竪坑櫓)も解体され現存しません。
高島に限らず閉山した多くの炭鉱では、櫓を含め殆どの施設が解体され更地となってしまいました。
立坑櫓については、長崎と同様に「明治日本の産業革命遺産」となった荒尾市、大牟田市の「万田坑」「宮原坑」を一度見学されると立坑や施設、炭鉱の構造や仕組みがよく分かると思います。

過去記事 ⇒ 万田坑 


続きを読む

2020年10月11日 18:17

撮影日:2020(R2).09.21

『事前に情報を得ると近づき難い場所』

高島小・中学校に沿うように伸びる道を通って権現山展望台に向かいました。
展望台のすぐ近くには「蛇谷」呼ばれる場所があったので、今回初めて立ち寄りました。
resize0203


「蛇谷」とは名前の通り大昔に大蛇が住んでいたという言い伝えによるものですが、その場所は岩を切り出したような不思議な地形をしており、何とも表現できない空気感が漂っているような場所でした。

標識に従って進むとすぐに地蔵が祀ってあります。
この地蔵については、以前、他の方のブログ記事で存在は知っていました。
地蔵の由来は、「周辺には高島炭鉱で働いて亡くなった朝鮮人等労働者の無縁墓があり、炭鉱閉山時に三菱は労務関係書類の一切を蠣瀬坑の中に投棄。閉山後、その元労務担当者が悪夢にうなされたためここに地蔵を祀ったと言われている。」というものでした。
地蔵のほかにも観音様のような像や絵が置いてあったりするので、蛇谷を見る前から恐ろしい気分になりますね。
resize0206



柵がありますが高さは2m超はあると思います。
足元に高島大権現と刻まれた石柱もあり、谷に下りてみる勇気はありませんでした。
resize0204


蛇谷の伝説 ⇒ こちらをご覧ください(外部リンク)


撮影日:2020(R2).09.21

『緑の島に還る』

時代ごとの空中写真で、高島の様子をご確認下さい。
空中写真は「国土地理院・地図空中写真閲覧サービス」より出典しております。

※写真はクリックすると拡大します。

1962年

1962


1975年
島内には民家や炭鉱住宅、高層アパート群がびっしり建ち並んでいる様子がよく分かります。
s-高島・74


1982年
閉山4年前、出炭量及び人員が大幅に減少。
建物群の大きな変化は見られず。
1982


1999年
閉山後、1997年(平成9年) リゾート開発で飛島磯釣り公園・海水浴場がオープン。
1989年に閉校した県立高島高校の校舎はまだ残っています。
低層の炭鉱住宅はほぼ解体、炭鉱施設も消えています。高島トマトのビニールハウスが出来ているようです。
1999


2010年
いくつかの高層RCアパートのみ残存し、かつての住宅地は緑に変わっています。
現在とほぼ同じ風景でしょう。
せめて炭鉱のシンボルと言われる「竪坑櫓」でも残してあればなぁと個人的に思います。
Takashima_Island_Nagasaki,_Nagasaki_Aerial_photograph.2010


かつて1万人を超えた人口も今や3百数十名。
基幹産業が消え、人口流出に歯止めがかからないと必然的に風景は変わるのでしょうが、炭鉱閉山から34年の時間を「すでに」なのか、「わずか」と捉えるかは、人それぞれの島との関わり合いによって違ってくるんだろうと思います。

続きを読む

最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ