2007年08月19日

第二十一海軍航空廠本部庁舎跡地及び防空壕

大村市にある県運転免許試験場の道路沿いにこの防空壕が残っています。市教育委員会の立派な説明板が設置されていますが、何となくぞんざいな扱いを受けているような感じですね。
案内板には要約すると次のような説明が書かれていました。

ここは東洋一の規模を誇る第二十一海軍航空廠の本部庁舎があったところで、木造二階建ての建物が並列に二棟建っていたが、今は本部庁舎用の防空壕のみが残されている。
第二次世界大戦が起こり、航空機の生産が急務となり佐世保の海軍工廠が手狭となったため大村への移転が決まり、昭和16年に開設、工員5万人が働く巨大工場となる。大村町はこれを契機に周辺五村と合併し昭和17年大村市とななった。
巨大工場はアメリカ軍の標的となり、昭和19年の「大村大空襲」では、B?29による壊滅的な被害を受け、三百人の死者、四百人の負傷者を出した。
終戦後、空爆の被害が少なかったこの庁舎は進駐軍の終戦処理の本部として、また長崎原爆の調査まで行った。
沖縄戦を戦ってきた米軍は、大村の風光明媚な景色を見て本国への無線のコールサインが「トウヨウ ナポリ オオムラ ジャパン」であったという。
前面に見える小山が防空壕の跡で、本部の廠長以下職員が使用し、無数の弾痕の跡は空爆時につけられたものであり、激しい空爆の模様がしのばれる数少ない遺構である。
戦争の悲惨さを知り平和教育の唯一の遺構として永久に残し教訓とすべき場所である。
aa60bf5a.jpg
 
bfc60d2a.jpg
 
9135fa10.jpg






at 15:02コメント(0)トラックバック(0)戦争遺構 

2007年08月11日

魚雷の発射試験が行われていました。捨て身の特攻作戦「人間魚雷」の訓練所もこの近くにあります。物言わぬ建物は美しさこそ感じさせてくれますが、歴史の真実だけは風化させることなく伝えていかなければなりません。
761620f9.jpg
続きを読む

at 08:10コメント(0)トラックバック(0)戦争遺構 

2007年08月04日

汗を拭き拭き歩いていたらとても涼しげな視線を感じました。
ビルの2階を見上げるとなんと!!暑さもちょっぴり忘れました(笑)
どんな女性がこのような下着を着けているのでしょうか?
頭の中は妄想モード、エロエロモード全開です!!

クールビズと言うよりもトリミングとレタッチの素材にはなりました。
662079fc.jpg


at 10:55コメント(0)トラックバック(0)日常 
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ