2018年12月01日

撮影日:2018(H30).11.24

『猫はずっと沖を眺めている』

観光資源としで有名な奇岩と言えば壱岐の「猿岩」。
長崎市民に親しまれているものなら時津の「鯖くさらかし岩」、柿泊の「りんご岩」、春日町の「ルイ14世奇岩」、茂木の「立岩」などでしょうか・・・。
現在、「ルイ14世奇岩」や「立岩」はあまり注目されない存在ですが、幕末・明治期の古写真や絵ハガキには多く取り上げられ、外国人にも紹介された名勝でした。
さて、今日は蚊焼町の「猫岩」。
一般的にそう呼ばれているかの根拠はありませんが、猫の後ろ姿に見えるので勝手に「猫岩」と呼ぶことにします。

高浜の「夫婦岩」と軍艦島の写真はよく紹介されますが、私は「猫岩」と軍艦島も好きな風景です。
猫岩2018-1 (2)


夕暮れの景色、耳が半島に被さってしまう失敗作でした。
猫岩2018-1 (1)


きっと軍艦島が誕生するずっと昔から、猫は沖を眺めていたんでしょうね。
猫岩2018-2


久しぶりの登場我が家の「ちび太郎」。元気に食っては寝ての毎日です。。
IMG00094


猫岩は岳路海水浴場の南側、のんびり散歩できますよ。



chibitaro0102 at 13:44コメント(2)風景写真 

2018年11月29日

撮影日:2018(H30).11.24

『沈む夕日を追いかけて』


岳路南バス停付近より撮影。
水平線のかなたに沈んでいく夕日と軍艦島、いつ見ても絵になります。
20181124


やはり、高浜、岳路辺りからの端島が最も軍艦のように見えます。
三ッ瀬が駆逐艦、軍艦島、中ノ島が旗艦となって進む艦隊のようにも見えます。

写真をクリックして大きめのサイズでご覧ください。

chibitaro0102 at 18:22コメント(2)風景写真 

2018年11月28日

撮影日:2018(H30).11.24

『初めて登った長崎市の最高峰』


天気予報が「放射冷却が強まり明日の朝は冷え込むでしょう」と言ってました。
放射冷却が強まるということは、地球の熱が放出される際、大気中に風がなく遮る雲もないこと。つまり天気は快晴が期待できるということです。

と言うことで、今回は八郎岳に登ってきました。
八郎岳は長崎市の最高峰で589m、九州百名山のひとつです。

登山道は良く整備されています。急峻な箇所もあり楽しめます。
八郎岳2


頂上に着くと360度遮るものがなく、東に橘湾、南に天草灘、西には五島灘と長崎半島を取り囲む海が一望できます。そして眼下には三菱造船所や長崎港の風景。
気分爽快なパノラマが広がっています。五島列島もばっちり見えました。
八郎岳1


稲佐山、岩屋山も眼下にありますね。
八郎岳3


稲佐山、こんぴらさん、岩屋山には何度も登ったことがありますが、八郎岳は初めてでした。
案外、私と同じような長崎人の方は多いような気もしますが・・・。

次回また晴天の日を狙って、縦走ルートを歩いてみたいと思います。




chibitaro0102 at 10:31コメント(2)風景写真 
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

ちび太郎

QRコード
QRコード
ランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村

・本HPの写真・図等の転載・転用等は禁止しております。

・メールでの連絡は下記へどうぞ! 
chibisaruku@yahoo.co.jp



  • ライブドアブログ